So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

肝臓が原因の体臭 [病気からの体臭]

キツイ体臭の原因というと、「汗」とか「不潔」がまず浮かびます。
喫煙とか飲酒とか、運動不足ってもの原因ですね。年齢的なものもあります。

ほかにも、挙げていけばキリがないんですが、病気が原因で体臭がきつくなることもあります。
代表的なのが肝臓の病気。


 運動もしているし、食事ににも気を使っている。
 もちろん、お風呂にもきちんと入っているし、
 柿渋石鹸などで丁寧に洗っている。


それでも、ニオイが無くならないようなら、それは肝臓病が原因なのかもしれません。
なぜなら、肝機能が低下すると、体臭が発生しやすくなるんです。

ここでチェックですが、人間の体臭には3つの系統があります。

1.脂質系
2.タンパク質系
3.糖系


この3種類です。
体臭の原因にも、特徴があります。

脂質系の体臭はストレスが原因。糖系の体臭なら糖尿病・過度のストレスが原因となります。そして「タンパク質系」の体臭の原因は、肝臓病であることが多いんです。


肝臓は、栄養を蓄える倉庫の役割を持ってますよね。その栄養素を吸収するときに、一緒に含まれている「におい物質」は体外に出しています。

ところが肝機能が低下すると、においを区別する機能も低下してます。便と一緒に体外に排出されるはだった悪臭の物質を、血液に取り込んでしまうのです。その悪臭は血流に乗っかり、体臭として発生してしまうわけです。


 悪臭物質を含む血液が肺にいくと >>> 口の臭いが臭い
 悪臭物質を含む血液が皮膚表面に >>> 汗と混じって体臭に



さて。ここで、話は一番初めに戻ります。
「喫煙」とか「飲酒」が、なぜに体臭に関係するのか?

こういう例があります。

肝臓の病気を持った「酷い体臭の人」が、お酒やたばこを控えました。この人は、食事を、肝臓に良い良質のたんぱく質を含むモノに切り替えました。これを半年続けた結果、検査で肝臓の数値が改善しました。肝臓の病気が良くなったのです。

改善したのは肝臓だけではありません。
それに伴って、体のにおいも軽減したというのです。

このことから、体臭を出しているのは、単に表面的なものだけではないということが分かります。汗が臭い・ワキガが酷いのは、体質や年齢の影響もあるでしょうが、生活から発した肝臓の病気が原因という可能性もあるということです。


肝臓に良いとされる良質のたんぱく質

 卵
 牛乳
 シジミ
 豆乳など・・・

体の臭いが気になる人であれば、肝臓にやさしい食生活を試してみるのも良いかもしれません。


タグ:肝臓 体臭

共通テーマ:健康

肉食が体臭をきつくする理由とは [ニオイの原因]



「食物」は、身体そのものです。
人間の身体は、食べた物を変化させて、エネルギーにしたり、骨や筋肉や皮膚に取り込んでいるのですから、当然ですね。

そういうことから、香りの良いものを食べると言い匂いの身体になりますし、刺激臭の強いものを食べれば、臭い身体になります。

ニンニクやニラなど、ニオイのキツイものを食べると、しばらくは体中から、クサイ臭いが漂います。
では「肉」はどうでしょうか?

体臭についての口コミやサイトを見ると、肉を食べることが多いほど、体臭がきつくなるという話が出てきます。肉は刺激臭がありません。それなのに、身体が臭くなるのは、どういうことでしょうか?

肉食を多く食べる外国人(欧米)は、日本人よりも体臭が強いイメージがあります。日本人であっても、肉ばかり食べて肥満気味の人はやはり体臭が強いイメージがあります。そういうことから、肉を食べる事は体臭に繋がる何か原因があると考えるのは自然なことです。

原因を調べてみると、大きく2つのポイントがみつかりました。


1 肉を食べると汗をかきやすくなる

肉の主成分はたんぱく質です。このたんぱく質を消化するには、非常に多くのエネルギーを必要とします。多くのエネルギーを消費するということは、それだけで体温が上昇します。体温が上がって出てくるのは「汗」。汗をかきやすい状況になるわけです。

この汗が、臭いの原因。体臭の原因というわけです。


2 肉を食べると刺激臭が発生する

肉類に含まれるタンパク質が摂取されると、体内で分解され、アミノ酸として吸収されます。このとき、そのアミノ酸の一分から生成される物質があります。それが「アンモニア」です。

知ってのとおり、アンモニアは刺激臭。鼻にツンとする臭いのする物質です。普通は、肝臓の働きで尿になり、すべて外に排出されます。ところが、不摂生を続けていると、肝臓や腎臓の機能が低下します。アンモニアを100%分解しきれなくなり、血液に流れ込みます。血液は体中を駆巡り、口臭や汗の臭いとして分泌されてしまうのです。

となみに、肝臓・腎臓が健康であってもアンモニアが臭うことがあります。それは、便秘になってしまったときなど。一言でいえば、コンディションが悪い時ほど、食べた肉は体臭となって出てくると言えるようです。



肉類は体臭に影響することがわかりました。自分の臭いが気になるなら、できるだけ肉は口にしないことですね。もちろん必要な栄養もあるので、「適度」なのが重要です。理想的には「菜食派」になることを心がけます。


タグ:体臭 肉食

共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当