So-net無料ブログ作成
体臭 消す 悩み 解消

GRAV deodorant
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
生活の中での体臭 ブログトップ
前の5件 | -

臭う頭と抜け毛 ドライヤーは頭臭さを救う? [生活の中での体臭]


人間は生き物なので、放っておけば、ニオイが発生します。

 頭
 顔
 ワキ
 耳の後ろ
 胸
 股間
 足
 背中

身体のどこから臭うかは、元になってる原因や個人の体質によります。
これから、暑くなりますが、夏になって一番気になるのは、頭からのニオイ

自分から出るニオイでさえ、嫌なモノなのに、他人の頭からも臭いがでます。


■ 頭がニオう原因って?

もちろん、頭だけでなく、全体的にも臭っているはずです。
ライトので許せるのか、頭がキツ過ぎて、身体のほうは目立たないだけなのか??

とにかく、ここでは頭に着目!


・ある人の場合

 夜、お風呂に入ったあとも臭う
 髪は乾かさないで自然乾燥
 整髪料をつける

 その結果・・・「苦い」臭いが発生して、他の衣類にもうつる

 枕
 布団
 脱いだ服


・問題点と解決策

これ、原因はわかりますよね?

まず、お風呂から上がったら、髪を乾燥させることです。
なぜなら、身体にはいつでも菌がいるから。善玉・悪玉がいるのですが、身体を洗ったからといって100%除菌できるものではありません。

風呂上りの適度な温度と湿気は、菌の大好物。善も悪も数を増やします。臭いが目だつということは、悪玉の方が勝っている状態といえます。

とっとと乾燥させて、臭い菌の繁殖を環境を妨げましょう。
髪を乾かさないのは、きっと抜毛を気にしているのでしょうね。ドライヤーは髪を傷めますから。でも、不潔にしておくほうが、髪へのダメージは大きいです。


体の臭いは体の中から出るもの。どこから出るかは体質もありますが、脂質が多く出るのは頭。
脂性の人は、髪が抜けやすいとされますが、脂性の人はなぜか、好き嫌いが多いか大食漢です。つまり、くさいのも薄げも自業自得。

運動も大事ですが、食生活を改善するのが大切かと。



共通テーマ:健康

体臭がエッチを邪魔する。危険な家庭事情 [生活の中での体臭]

体臭は、家庭環境を破壊する?


このタイトル、他人事ではありません。
マジに起こりうることなんです。

ある、ラジオ番組への投稿です。


 ↓ ↓
 
男性が妻に対してこういいました。
「 今夜、エッチしよう 」 

妻は返します
「 明日朝早いからダメ 」

じゃ、次の日ならいいだろうと誘ったのですが
「 腰がイタイから いや 」

その次の日も誘ったのですが、今度は「便秘だから」と拒否。

そんな日が1週間ほど続けば、旦那ととてももやもやが溜まってきます。
今夜こそOKしてもらいたい!
あの手この手で誘ったところ、妻が爆発

「 アンタ、クサイのよ! 」


これを聞いて、彼は愕然としました。
そういえば最近は娘からも「お父さん近寄らないで」と言われているとか。

 ↑ ↑ ここまで

この方は、娘が小学校にあがるまでにタバコをやめると決意したのですが、結局やめられなかったそうです。一生懸命仕事もしているし、土日は掃除なんかもやっているのに、なんでニオイくらいでさせてくれない? そんな内容の投稿です。


これ、2つのポイントがあります。

 結婚すればやり放題と思っている、夢いっぱいのドーテー諸君の希望を奪っていること。
 この関係が進んでしまうと、旦那の方が参ってしまい、いずれは離婚に至る可能性があること。

離婚の理由は、させてくれないといえないので、「性格の不一致」になると予想されます。

どこにでもあるような、珍しくない話しなんですが、結局、どんなに仕事で評価され収入がよくても、家事をまめ手伝っても、「体臭がキライ」の一言で、両断されてしまう悲しい現実を実感させてくれた投稿です。

旦那のほうは、自分の体臭に気づいていなかったのでしょうか?
そこも気になりますね。


家庭内にあってさえ、こんなもんです。
ニオイを漂わせている人が、職場ではどんなふうに思われているか、わかったものではありません。

陰口をバンバン言われているのは間違いないでしょう。立場の強い人から、嫌がらせを受けている可能性だってあります。早いうちに、対策を打ち立てておかないと、とんでもない目にあうかもしれません。

家庭内では離婚
会社では居場所が無くなる

こんなことは絶対避けたいものです。

体臭が抑制されれば、少しずつ妻や娘、職場の女性スタッフが優しくなることは間違いないでしょう。




共通テーマ:健康

冬は臭くないはウソ 2 [生活の中での体臭]

自分か他人か。どちらにしてもヒドイ体臭は困りもの。
でも、汗臭さが夏ばかりおt思うの大間違いです。
寒い季節になったから「もう安心!」と思うのは早計。

そんなわけで、「冬は臭くないはウソ」についての追加です。


■ 臭いは「毛」から生まれる?

周囲に“近寄りがたい人”っていますよね。「凛として怖い感じ」ということではなく体臭が臭くて近寄りがたい人をいってます。

臭いにはいくつも原因がありますが、汗から直接出てくる体臭はあまりありません。吹き出た汗に伴って発生するバクテリアが最大の原因になってます。そしてここがポイント。「毛が生えていることによって、バクテリアの繁殖率が高くなる」のです。汗臭いというイメージは、女性よりも男性の方が強いですね。大半の男性は、ムダ毛を処理することがありません。体臭を強く感じるのは、無駄毛が影響しているのかもしれません。

冬であっても、夏と変わらない臭いを出している人があるなら、隠れた無駄毛が群生しているのかもしれません。

■ 原因は食べ物に?

湯船に入ると、それだけで体臭を抑える効果があります。汗腺に溜まった老廃物が噴出するからです。でも、ちゃんとお風呂に入ってるのに臭う人もいます。体臭を強くする食べ物というのは存在します。その人は、食事を見直してみてはいかがでしょう。

すぐに思いつくのはニラやニンニクでしょう。玉ネギに仲間ですね。赤身肉を多く食べる人は、体臭が強くなる可能性があります。これらの食べ物はほどほどにしましょう。

■ ストレス解消が大事

ストレスから緊張すると、ワキの下などに汗をかきやすくなります。その結果、いつもよりも強い体臭が生まれてしまうのです。ストレスに対抗するには、強い精神力。日頃からストレス解消と、ストレスに負けない強いココロを作りましょう。

■ 洗いすぎは逆効果

体臭が気になってくると、お風呂で必要以上にゴシゴシしてしまいたくなります。臭いの元を洗い落とそうと考えるのです。しかも冬は、冷えたカラダを暖めようと夏よりも長風呂になりがち。でもちょっと待ってください。

体臭対策の石鹸などで洗うのは良いことです。だけども、必要以上に洗いすぎたり長く入ったり、アルコール分の入った液体で拭いたりするのはオススメできません。そうした行いは脂を削り取ってしまうからです。肌の表面を保護している脂が無くなると、体は脂を元に戻そうと皮脂を出すため、さらに汗がひどくなる結果になります。臭いを取るつもりが、返って増幅してしまってるんですね。



体臭について、アレコレ事実をご紹介しました。

寒い冬、屋外では鼻が鈍感。気にならないかもしれませんが、油断してはなりません。会社や自宅で、同僚や家族に「クサイ!」と言われないようにしましょう。寒い季節だからといって、清潔を手抜きしてはいけません。夏のように、きちんと体臭対策をしてください。



共通テーマ:健康

冬は臭くないはウソ。オトコの悲しい勘違い [生活の中での体臭]

「男性会社員の冬のニオイ」
「ニオイに対するOLや妻の意識」

このテーマについて、行ったアンケートがあります。対象者は全国の20代~40代の男性会社員やOL、それに会社員の奥さんです。生生しい結果がでたようで、思いあたる男性にとっては、厳しい冬になりそうです。


・男性会社員は季節を問わずクサイ

OLや妻。女性の7割以上が「男性会社員は夏も冬もクサイ」と感じてます。これまで、男性が臭うのは春や夏などといった、汗の季節と思われていました。しかし、「男性会社員のニオイが気になる季節」を聞いてみると、季節差はあまりなかったようです。OLなら73.3%、妻も72.0%が、「冬でもニオう」と感じています。

女性からの指摘を受けるまでもなく、男性会社員自身も74.7%が「男は冬でもニオう」と感じています。女性の数字よりも僅かながら高いですね。でもクサイと思うのは、あくまでも他人の体臭。自分自身に関しては3人に2人が「冬はニオわない」と考えています。身勝手というか、自分自身のことには無頓着なことがわかってきました。

そんな始末なので、「ニオイ対策」はほとんどしてません。夏はさすがに70%の男性が体臭対策をしてますが、冬は26%ほど。対策をしない理由は、「汗をあまりかかない」とか「ニオイが気にならないから」といった回答が目立ちます。一方で、冬の衣服は生地が厚く洗濯しづらいという事情もあるようです。衣服のケアが面倒という理由はさすがわ男性ですね。

そんな状態なので、女性は、男性のコートやジャケットなどもクサイと感じてます。
「ニオイが気になる冬の衣服」としては、男性会社員自身は「靴下」「Yシャツ」「インナー」の順にくさいと思ってます。でもOLには違うものが臭います。男性会社員のうち、一番臭うのは「Yシャツ」、次いで「ジャケット」、「コート」となってます。

これらのウエアにケアをする場合、どのような扱いしているのでしょうか。男性会社員本人は、ジャケットやコートなどには「なにもしない」人と「消臭スプレーをかける」人がほぼ同率でした。妻はやや違ってます。「消臭スプレーをかける」のほかに、「こまめにクリーニングに出す」「陰干しする」などのケアを行なっています。衣類のケアは、まるきり妻任せにしている既婚男性の姿が表れてます。

男性にとって、洗濯しにくい衣服、ニオイがしないとでも思っているのでしょう。しかし、そうした衣類も、体臭ばかりでなく、外気のにおいも吸い取ってますからね。洗濯しないのですから、臭ってくるのは当たり前です。

ほかには、飲み会の翌日に体臭がひどくなる「飲み会臭」にも女性は厳しい。飲み会臭がする男性会社員は「不潔」「だらしない」「自己管理ができない」と判断しています。



タグ: 体臭

共通テーマ:健康

なんでそんなに体臭を嫌うのでしょうか [生活の中での体臭]

■ 体臭きらいの風潮は時代の流れ?


自分の体臭に安心したくなる、こんな事実があります。


体臭や口臭は、他人に不快感を与えるものです。
でも、これ、本当に不快なのでしょうか。

口臭・体臭=不快感のイメージが定着したのは、比較的最近になってからのこと。一昔前までは体臭や口臭を放っている人が多かったのです。

日本で、各家庭の内風呂が当たり前になったのは、この数十年くらいです。ほとんど普及していなかった当時は、今のように頻繁にシャワーを浴びることはありません。銭湯が普及する以前にいたっては、せいぜい、庶民はタライでの水洗いが精一杯だったはす。朝にシャンプーなどの習慣も、先口剤などで口をうがいする習慣も見られなかったでしょう。

体臭や口臭を放つ人が多くいたからこそ、生活臭や体臭は人々の暮らしの中に自然に溶けこんでいた。それなりの不快を感じたとしても、いまほど毛嫌いされる対象にならなかったのです。


では。
現代の私たちはどうでしょうか
体臭を毛嫌いしてますよね?


とくに若い世代というのは、生活臭が町中に満ちていた時代を知りません。「臭いのない時代」に生まれ育った世代は、もっと上の世代以上に、ニオイに敏感。生活臭や体臭を嫌いになるのは当然のことでしょう。

若い人ばかりではありません。仕事をする上で、多くのビジネスマンが「口臭が気になる」と言います。

口臭対策をする理由は、「仕事関係の人に不快感を与えたくない」と言いますから、口臭=不快感、というイメージがしっかり定着していることがわかります。

自分であれ他人であれ、不快感を抱くのは仕方ないのですが、体臭や口臭を完全に消してしまうのは、危険があります。病気のサインや体調の変化を知る方法を失うことにもなりかねないからです。


たとえば、

腐った卵のような口臭があるときは、胃腸の病気が隠れている場合もあります。
月経周期に応じて体臭の強さが違ってくることは、多く女性が感じていることでしょう。

普段の自分のニオイを知っていれば、体の変調や病気を体臭や口臭の変化で気づくこともできるのです。

ただ消すのではなく、付き合い方を工夫する姿勢が大切ということです。体臭や口臭について正しい知識を身につけ、適切な治療と健康的なケアの方法で、心地よいニオイを感じる暮らしを見つけたいものですね。

タグ:昭和 体臭 平成

共通テーマ:健康
前の5件 | - 生活の中での体臭 ブログトップ

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。