So-net無料ブログ作成
体臭 消す 悩み 解消

GRAV deodorant
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
体臭の消し方 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

お風呂と、臭い代謝物との関係 [体臭の消し方]

お風呂は、身体の汚れを取るものですが、落とす汚れのは肌の表面ばかりではありません。もう少し、奥の汚れも取れます。同時に臭いの原因も取り去るので、嫌な体臭を軽減したり消すことにつながります。

ただし、体臭を軽減するなら、寝る前にゆっくりと入浴するのが条件です。この場合の「ゆっくり」とは、時間的な長さではなく、気分的なくつろぎのこと。

お風呂には、疲れをとる効果があります。
気分的なリラックスの意味もありますが、肉体的にもかなり取り去れるのです。

人間は、活発に活動するほど、体内に「乳酸」が溜まっていきます。乳酸は疲れの結果ですが同時に臭いの元にもなっています。乳酸が体に増加すると、汗の成分であるアンモニアも増加します。しかし、ゆったりとお風呂に入ると、血液の循環がよくなるので、乳酸は著しく減少します。

乳酸は「血液の循環がよくなると減少する」という特徴を持ちます。お風呂のあと、血行が充実している状態で睡眠をとれれば、夜中にも乳酸を減らすことができます。これは「乳酸減少期」と呼ばれています。

お風呂に入って眠って乳酸が減り、寝ている間にも乳酸を減少する。乳酸は疲れや体臭の元でした。この2つの効果で、広間の体臭を減らすことができるわけです。


そういうことで。
お風呂の入り方は、「ゆっくり」が原則です。


朝シャンや朝風呂がもてはやされています。それを否定するものではありませんが、朝に、あわただしく入浴しても、乳酸を減少させる効果はありません。朝風呂で、一日の活動がそのまま開始されると、「乳酸減少期」がとれません。汗の中のアンモンニア濃度が減少する期間が少なくなるので、体臭が強いままで一日を過ごしてしまいます。

また、朝風呂では、入浴後に汗が十分蒸発しないままに、すぐ服を着てしまいます。深部体温が下がることができないので、汗をかきやすい状態がずっと続きます。これも体臭の原因ともなります。

朝風呂にも良い点はあります。
とりあえず、寝汗などの汗くささは減りますから。

でもそれは、あくまで一時的なものです。体の中からの体臭を減らすなら、朝風呂だけではいけません。夜、寝る前にも入浴すべきです。


タグ:お風呂 臭い

共通テーマ:健康

朝のシャワーだけで足りない!脂の腐ったような体臭対策 [体臭の消し方]

■ 朝のシャワーだけで足りない!脂の腐ったような体臭対策


汗をかいた後や人と密着するときなど。こうしたときは、ついつい自分のニオイが気になってしまいます。

「自分の体臭は、絶対に臭くない!」

そう思っていても、何かしら汗のニオイはとめられないものです。きちんとニオイのケアをしているつもりでも、体のなかから漂う悪臭はどうにもならないのですから。

悪い体臭の原因には、いくつかの生活習慣が影響しています。
自分のパターンを振り返って。このシーズンの対策に役立ててください。


・いつもの習慣が危険?

体臭の原因には、皮膚の雑菌の繁殖をはじめ様々なものがあります。なかでも大きな原因となるのが活性酸素。体内に酸化した脂肪分を増やしてしまい、脂の腐ったようなイヤなニオイを発生させることがあるんです。

 「入浴はしている」とか「デオドラントは完璧」とか言ってもクサイ人は臭いもの。

表面的なケアではどうにもならないほど体臭が気になるなら、原因は活性酸素だったのかもしれません。そこで、活性酸素が増やしてしまう3つの悪習慣についてお話します。


1 ストレス

普通に生活しているだけでも活性酸素は発生します。呼吸する、紫外線を浴びる、排気ガスを吸うなど、生きていれば当然おこることで活性酸素を発生させているのです。でも、こんなことよりさらに強い影響力を持つのがストレスです。ストレスを感じると、それに対抗する『副腎皮質ホルモン』が分泌されます。この分泌と分解の過程で発生するのが活性酸素です。ストレスは体臭にとって害なのです。

ただし、あまりに体臭を気にしすぎることで、悪循環に陥ることもあります。ガチガチに嫌うのでなく、ストレスを上手に解消するとともに、ニオイのこともあまり気にしすぎないのも大切です。


2 肉類、脂質のとり過ぎ

肉類は脂ですが、マヨネーズやバターなども脂質です。こうした食べ物は酸性であるので、活性酸素を作る要因になります。肉や脂質の摂取で活性酸素が発生すると、皮脂腺に脂肪分(過酸化脂肪質)が増えます。そうすると、脂臭く青臭いニオイの成分である「ノネナール」の量が多くなって体臭が発生しやすくなるのです。肉類を食べないわけにはいかないので、せめて一緒に、活性酸素を減らすビタミンCやEを野菜や果物から充分にとるのも良いでしょう。ビタミンCとEはお互いの劣化を防ぎ合う効果があります。一度に両方をとるとより効果的です


3 朝のシャワーだけですませる

ゆっくり入浴することは、血液循環がよくして体内での抗酸化物質が産出されます。この抗酸化物質は、たまっていた活性酸素を処理していくのです。シャワーだけでは活性酸素は減少しません。さらに言うと、夜のお風呂であれば、活性酸素を増やさいので寝ている間に処理できます。しかし朝のお風呂では活性酸素を処理する間がありません。すぐにも活動を始めてしまうので、体臭の軽減には繋がらないのです。

人前に出る直前に体を洗ったほうが効率的。そう考えるのも分かります。朝のシャワーだけですます習慣ができてしまうと、体臭が処理できない連鎖が生まれます。朝シャワーは逆効果なんですね。

また、当然ですが入浴でも汗をかきます。もともとの汗にはニオイはありませんが、ふだん汗をかかない生活をしていると本来の働きを忘れた汗腺に老廃物や角質がたまりやすくなってます。それが、汗をかいたときにこれら不純物が一緒に出てしまいます。そうして皮膚の表面がアルカリ性の環境となり、皮膚常在菌が繁殖しやすくなり、汗も臭うようになります。

解決策としては、夜に湯船に浸かること。朝にシャワーを浴びるにしても、夜に入っておかないと逆効果になります。



いかがでしょうか?
こうした、ダメな習慣に心当たりのあるでしょうか。思い当たることがあるなら、生活スタイルを振り返って、体のなかから活性酸素を減らしてみましょう



共通テーマ:健康

梅干で体臭から離脱 [体臭の消し方]

■ 梅干で体臭から離脱


運動で汗を流すとか、お風呂でしっかり身体を洗うとか、満足いくまでの睡眠で身体を休めるとか。
こうして体臭対策をみると、健康対策をほぼ同じことが必要だとよくわかります。

もちろん食べることも大切です。肉の食べすたりニンニクを食した翌日の体臭は、自分でも気になるほど臭くなってますからね。口から体内に入ったものは、身体から出る匂いを左右するのは当然です。

体臭を抑えるには、動物性のたんぱく質や脂肪を控えとともに、食を野菜中心に切り替えることで、体内をアルカリ性傾向に保つことが大切です。

アルカリ性といえば「酢」「梅干」ですね。
具体的には、どのようなものを食べればいいのでしょうか。

アルカリ性の食物として代表的な二つですが。酢の中で特に良いのが黒酢だとされてます。摂取量としては、1日あたり大さじ1杯。それだけの黒酢を摂取するだけでも、体臭予防としての効果があるそうです。

では何故、酢に体臭予防の効果があるかというと、酢に含まれているクエン酸がポイントです。体臭が酷くなる大きな理由に、身体が酸性になることと乳酸が溜まることが上げられます。クエン酸は、乳酸を水と炭酸ガスに分解するので、体臭の予防になるのです。


そして梅干にもクエンさんがたくさん含まれています。「梅干し」は、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムなどのが豊富に含むアルカリ性食品です。例えば、牛肉100グラムの酸性度を中和するのには、1グラムを食べればよいと言われているようです。

梅干の重さは、もっとも小さい「カリカリ小梅」でさえ10グラム程度はあります。ご贈答用の大きな高級梅干は30グラムに届きます。どんな梅干でも、たったの1個で牛肉700グラム相当以上の酸性分を中和するとすれば、かなり効率の良い食べ物だといえますね。それほどまでに、梅干梅干しの効果は強力ということです。

また梅干の体臭効果はそれだけではありません。汗のニオイを軽減する効果もあるのです。

前述したように、体の中に疲労物質(乳酸)がたまると、汗にアンモニアが増加してニオイが強くなります。梅干(クエン酸)にはこの乳酸を水と炭酸ガスに分解して体の外に出す作用があるのですが、

梅干はカルシウムの腸管からの吸収を著しく増加させる効果もあります。骨の元になるカルシウムですが、良い汗をかく時にも必要な成分なのです。一般体臭と汗のニオイの軽減ができる、梅干しの万能振りがうかがえますね。

さらには、口臭予防にもなります。梅干を食べると、唾液がたくさん出ます。これは、梅干の中にある有機酸と呼ばれる物質の殺菌作用により、唾液と共同して、口臭の原因となる雑菌の繁殖を抑ええいるのです。

口臭の予防効果もあるとは、至れり尽くせりな食べ物ということがいえますね。



タグ:梅干 体臭

共通テーマ:健康

体臭がヨーグルト臭いとき [体臭の消し方]

■ 体臭がヨーグルト臭いとき


体からでる匂い。良い匂いを出す人ももちろん多いのですが、臭い体臭は嫌われます。

もちろん、ニオイごとに原因が異なるのですが、その中で汗などがヨーグルト臭くなってしまうことがあります。

原因の多くは、体の外ではなく体内。体の内側に問題が発生しているケースたいていで、それには、食生活の乱れや喫煙や飲酒が主な原因ということがあります。

ヨーグルト臭くなる場合は、胃や腸などに何らかの異常が発生していることが考えられます。
胃や腸の器官で異常が体臭や口臭を発生させる下地になっていて、そこに食生活の乱れや喫煙などが加わって、時にヨーグルト臭と呼ばれる酸っぱい匂いになるのです。

別に、ヨーグルトをたくさん食べたから、体臭がヨーグルト臭くなるわけではなく、原因は胃や腸の異常ということです。胃腸だけでなく、内蔵に負担がかかる食生活を送るほど発生率も高くなるので、社会人の方は特に注意が必要です。飲酒の機会や喫煙回数が多いなら、ニオイ対策については何かしら行っておくべきでしょう。


体臭がヨーグルト臭が発生するのは、偏った食生活が要因となっていることも挙げられます。
そうしたニオイをい発生させないには、逆の習慣を身に付けることが重要となっています。

具体的には・・・

 禁煙や飲酒をしすぎない
 野菜を積極的に取り入れる食生活
 睡眠をしっかりとり胃腸を休ませる
 規則正しい生活をおくる


禁煙や飲酒を始めるのはカンタンですが、これらには習慣性というか、一種の中毒症状があるので、止めるのは至難のワザです。とくにタバコは禁煙外来ができるほど、病気の一種にカウントされてます。

「 中毒症状に勝つ! 」

くらいの気持ちを持たないと、止めようにも止められません。

野菜を摂る食生活は、主にサラダを中心にしていきましょう。ただし、ドレッシングを使いすぎると体に余分な油分が蓄積され、効果が薄くなります。また、生の野菜が苦手であるなら、せめて野菜ジュースを摂りましょう。

食生活を改善していけば、ヨーグルト臭が、体から発生しなくなる日も近いでしょう。





共通テーマ:健康

ミョウバンが体臭を消す理由って? [体臭の消し方]

■ ミョウバンの妙


制汗作用があるというミョウバン。スプレーにして身体にかけたり、お風呂に入れたりして、体臭の予防にも使うことできます。

今回は、このミョウバンについて、お話しますね。


早速ですが、ミョウバンとは、何でしょう?
消毒の化学物質でしょうか
漬物を発色するための添加物でしょうか
イロイロな使われ方をしているので、一言で「コレ」と言い切るのは難しいです。

ミョウバンとは、「カリウムやアンモニウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩の形でむすばれた複合塩の総称」です。なんだか仰々しいですね。

化学式もあります。

 MIMIII(SO4)2・12H2O 
 または MI2MIII2(SO4)4・24H2O
 ほかにも MI2(SO4)・MIII2(SO4)3・24H2O

複数の表し方がsりますが、どれもミョウバンのことです。

「 なんのこっちゃ? 」

そんな気分になるのは当然ですが、要は、工場で合成されている人工物。昔から使われているので、自然物としても存在します。別府のミョウバン温泉なども有名ですね。

ミョウバンの歴史は古くて、古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使っていたそうです。シーザーもクレオパトラも、使っていたかもしれません。そういう意味では、世界最古のデオドラント剤といえそうです。

もしかすると、高級品だったのかもしれませんが、いまの日本では食品添加物として、スーパーや薬局では100円程度で売られています。(デオドラントとして販売されているモノはずっと高価です)


ではなぜ、このミョウバンに体臭予防効果があるのでしょう。


・1 制汗作用

ミョウバンに制汗作用のあります。ニオイ成分の含まれた汗をおさえるので、臭いも抑えることができるのです。ところが、制汗作用は分かっていても、そのメカニズムはあまりよく分かっていません。

 アルミニウム塩が汗腺の導管周囲に炎症をおこし、導管を閉塞させるのではないか。アルミニウム塩のゼェル状のものが導管に入って出口を塞ぐのではないか。または汗腺の導管部の透過性が高まり汗を再吸収してしますのではないか。さらにはミョウバンのたんぱく質変性作用で表皮の角質が角化するからではないか。
 
などなど。さまざまな説があります。ひょっとすると、その全てが同時に起こって、汗を抑えているのかもしれません。


・2 水に溶けると酸性になる

ニオイというのは、皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。このとき、皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられます。ミョウバンが酸性になることで、雑菌の繁殖を抑えるのです。また、制菌作用にとどまらず、もっとイケイケな殺菌作用もあるようです。



・3 皮膚の上で作られたニオイを消臭する

ミョウバンにはさまざまな金属が含まれています。そうしたことから、化学反応がおこって、酸化還元反応による金属消臭が行われたり、ニオイ成分の中和による消臭が行われるのです。
 とくに、酸性の性質は効果的です。アンモニアのニオイ成分はアルカリ性です。酸性のミョウバンがあることで、中和作用が働き、消臭にいたるのです。

 汗くささを抑えるのには、非常に有効だとういうことが分かります。




共通テーマ:健康
前の5件 | 次の5件 体臭の消し方 ブログトップ

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当