So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

ワキガ予防に使えるデオドラントジェル「海露(UMITSUYU)」
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
体臭の消し方 ブログトップ
前の5件 | -

酢のお風呂 [体臭の消し方]

体臭を消すには、大きく4つの方法があると思ってます。

1、食事
2、運動
3、生活習慣
4、お風呂


香水やスプレーなどでも、体臭は消せますが一時凌ぎ。ごまかしに過ぎません。

食事や運動で、体臭を消すのには、時間がかかります。まして、生活習慣を変えることは大変。比較的、手頃で即効性の高い、お風呂が、やはり確実ですね。


お風呂で、体臭を消すには、どうすればいいのでしょう?

シャンプーや、ボディ石鹸を変えること。やや高価ですが、柿渋や銀イオンタイプは、効果が長持ちします。

ほかに、酢の湯船に浸かるのもオススメです。「お酢風呂」には、体臭予防効果があるからです

お酢に多く含まれる「酢酸」は非常に酸度が強いです。酢を入れたお風呂に浸かると、皮膚の表面を弱酸性に保ち細菌の増殖を抑制する効果があります。

このときの酢の量ですが、お猪口で2~3杯程度です。そんな少しの量であっても、酢は、肌の細菌を抑制してくれます。

次回、




共通テーマ:健康

クエン酸のお風呂 [体臭の消し方]

前回「お酢の風呂」の続きです・・・


「お酢風呂」は、皮膚を弱酸性に保つのですが、もう一つ別の目的があります。酢の中に含まれるクエン酸は、体臭のうち、アンモニア臭に効果があるとされるのです。

体臭の原因は一つだけではありません。皮膚表面で細菌によって作られるだけでなく、汗腺から汗の中に排出されるニオイもあります。

皮膚の抹消循環が悪くなって、汗腺に十分な酸素が供給されないと、乳酸がたくさんできます。汗の中のアンモニアは、この乳酸につられて汗の中に出てくるのです。ツーンとする種類の体臭は、このアンモニアが原因です。

しかし、たとえ酸素が足りない状態であっても、体に「クエン酸」などの有機酸が十分にあれば、乳酸が生産されなくなるので、アンモニア臭が発生しにくくなります。

お風呂に酢を入れると、酢に含まれている「クエン酸」などの各種のアミノ酸が、皮膚の汗腺から吸収されます。吸収されたクエン酸は乳酸を抑制するので、アンモニア臭のしない肌になっていきます。

これが、酢のお風呂に入ったときの、二つ目の効果です。


クエン酸を直接お風呂に入れるのもOKです。効果は酢よりも落ちますが、体臭予防としてはそれなりの効力が期待できます。

もちろん、クエン酸は、食べものから摂取することも必要です。
レモンや梅干が、代表的な食べ物です。

酸っぱいものなので、「直接食べるのは、ちょっと・・・」という人は、料理に使いましょう。




共通テーマ:健康

お風呂と、臭い代謝物との関係 [体臭の消し方]

お風呂は、身体の汚れを取るものですが、落とす汚れのは肌の表面ばかりではありません。もう少し、奥の汚れも取れます。同時に臭いの原因も取り去るので、嫌な体臭を軽減したり消すことにつながります。

ただし、体臭を軽減するなら、寝る前にゆっくりと入浴するのが条件です。この場合の「ゆっくり」とは、時間的な長さではなく、気分的なくつろぎのこと。

お風呂には、疲れをとる効果があります。
気分的なリラックスの意味もありますが、肉体的にもかなり取り去れるのです。

人間は、活発に活動するほど、体内に「乳酸」が溜まっていきます。乳酸は疲れの結果ですが同時に臭いの元にもなっています。乳酸が体に増加すると、汗の成分であるアンモニアも増加します。しかし、ゆったりとお風呂に入ると、血液の循環がよくなるので、乳酸は著しく減少します。

乳酸は「血液の循環がよくなると減少する」という特徴を持ちます。お風呂のあと、血行が充実している状態で睡眠をとれれば、夜中にも乳酸を減らすことができます。これは「乳酸減少期」と呼ばれています。

お風呂に入って眠って乳酸が減り、寝ている間にも乳酸を減少する。乳酸は疲れや体臭の元でした。この2つの効果で、広間の体臭を減らすことができるわけです。


そういうことで。
お風呂の入り方は、「ゆっくり」が原則です。


朝シャンや朝風呂がもてはやされています。それを否定するものではありませんが、朝に、あわただしく入浴しても、乳酸を減少させる効果はありません。朝風呂で、一日の活動がそのまま開始されると、「乳酸減少期」がとれません。汗の中のアンモンニア濃度が減少する期間が少なくなるので、体臭が強いままで一日を過ごしてしまいます。

また、朝風呂では、入浴後に汗が十分蒸発しないままに、すぐ服を着てしまいます。深部体温が下がることができないので、汗をかきやすい状態がずっと続きます。これも体臭の原因ともなります。

朝風呂にも良い点はあります。
とりあえず、寝汗などの汗くささは減りますから。

でもそれは、あくまで一時的なものです。体の中からの体臭を減らすなら、朝風呂だけではいけません。夜、寝る前にも入浴すべきです。


タグ:お風呂 臭い

共通テーマ:健康

朝のシャワーだけで足りない!脂の腐ったような体臭対策 [体臭の消し方]

■ 朝のシャワーだけで足りない!脂の腐ったような体臭対策


汗をかいた後や人と密着するときなど。こうしたときは、ついつい自分のニオイが気になってしまいます。

「自分の体臭は、絶対に臭くない!」

そう思っていても、何かしら汗のニオイはとめられないものです。きちんとニオイのケアをしているつもりでも、体のなかから漂う悪臭はどうにもならないのですから。

悪い体臭の原因には、いくつかの生活習慣が影響しています。
自分のパターンを振り返って。このシーズンの対策に役立ててください。


・いつもの習慣が危険?

体臭の原因には、皮膚の雑菌の繁殖をはじめ様々なものがあります。なかでも大きな原因となるのが活性酸素。体内に酸化した脂肪分を増やしてしまい、脂の腐ったようなイヤなニオイを発生させることがあるんです。

 「入浴はしている」とか「デオドラントは完璧」とか言ってもクサイ人は臭いもの。

表面的なケアではどうにもならないほど体臭が気になるなら、原因は活性酸素だったのかもしれません。そこで、活性酸素が増やしてしまう3つの悪習慣についてお話します。


1 ストレス

普通に生活しているだけでも活性酸素は発生します。呼吸する、紫外線を浴びる、排気ガスを吸うなど、生きていれば当然おこることで活性酸素を発生させているのです。でも、こんなことよりさらに強い影響力を持つのがストレスです。ストレスを感じると、それに対抗する『副腎皮質ホルモン』が分泌されます。この分泌と分解の過程で発生するのが活性酸素です。ストレスは体臭にとって害なのです。

ただし、あまりに体臭を気にしすぎることで、悪循環に陥ることもあります。ガチガチに嫌うのでなく、ストレスを上手に解消するとともに、ニオイのこともあまり気にしすぎないのも大切です。


2 肉類、脂質のとり過ぎ

肉類は脂ですが、マヨネーズやバターなども脂質です。こうした食べ物は酸性であるので、活性酸素を作る要因になります。肉や脂質の摂取で活性酸素が発生すると、皮脂腺に脂肪分(過酸化脂肪質)が増えます。そうすると、脂臭く青臭いニオイの成分である「ノネナール」の量が多くなって体臭が発生しやすくなるのです。肉類を食べないわけにはいかないので、せめて一緒に、活性酸素を減らすビタミンCやEを野菜や果物から充分にとるのも良いでしょう。ビタミンCとEはお互いの劣化を防ぎ合う効果があります。一度に両方をとるとより効果的です


3 朝のシャワーだけですませる

ゆっくり入浴することは、血液循環がよくして体内での抗酸化物質が産出されます。この抗酸化物質は、たまっていた活性酸素を処理していくのです。シャワーだけでは活性酸素は減少しません。さらに言うと、夜のお風呂であれば、活性酸素を増やさいので寝ている間に処理できます。しかし朝のお風呂では活性酸素を処理する間がありません。すぐにも活動を始めてしまうので、体臭の軽減には繋がらないのです。

人前に出る直前に体を洗ったほうが効率的。そう考えるのも分かります。朝のシャワーだけですます習慣ができてしまうと、体臭が処理できない連鎖が生まれます。朝シャワーは逆効果なんですね。

また、当然ですが入浴でも汗をかきます。もともとの汗にはニオイはありませんが、ふだん汗をかかない生活をしていると本来の働きを忘れた汗腺に老廃物や角質がたまりやすくなってます。それが、汗をかいたときにこれら不純物が一緒に出てしまいます。そうして皮膚の表面がアルカリ性の環境となり、皮膚常在菌が繁殖しやすくなり、汗も臭うようになります。

解決策としては、夜に湯船に浸かること。朝にシャワーを浴びるにしても、夜に入っておかないと逆効果になります。



いかがでしょうか?
こうした、ダメな習慣に心当たりのあるでしょうか。思い当たることがあるなら、生活スタイルを振り返って、体のなかから活性酸素を減らしてみましょう



共通テーマ:健康

梅干で体臭から離脱 [体臭の消し方]

■ 梅干で体臭から離脱


運動で汗を流すとか、お風呂でしっかり身体を洗うとか、満足いくまでの睡眠で身体を休めるとか。
こうして体臭対策をみると、健康対策をほぼ同じことが必要だとよくわかります。

もちろん食べることも大切です。肉の食べすたりニンニクを食した翌日の体臭は、自分でも気になるほど臭くなってますからね。口から体内に入ったものは、身体から出る匂いを左右するのは当然です。

体臭を抑えるには、動物性のたんぱく質や脂肪を控えとともに、食を野菜中心に切り替えることで、体内をアルカリ性傾向に保つことが大切です。

アルカリ性といえば「酢」「梅干」ですね。
具体的には、どのようなものを食べればいいのでしょうか。

アルカリ性の食物として代表的な二つですが。酢の中で特に良いのが黒酢だとされてます。摂取量としては、1日あたり大さじ1杯。それだけの黒酢を摂取するだけでも、体臭予防としての効果があるそうです。

では何故、酢に体臭予防の効果があるかというと、酢に含まれているクエン酸がポイントです。体臭が酷くなる大きな理由に、身体が酸性になることと乳酸が溜まることが上げられます。クエン酸は、乳酸を水と炭酸ガスに分解するので、体臭の予防になるのです。


そして梅干にもクエンさんがたくさん含まれています。「梅干し」は、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムなどのが豊富に含むアルカリ性食品です。例えば、牛肉100グラムの酸性度を中和するのには、1グラムを食べればよいと言われているようです。

梅干の重さは、もっとも小さい「カリカリ小梅」でさえ10グラム程度はあります。ご贈答用の大きな高級梅干は30グラムに届きます。どんな梅干でも、たったの1個で牛肉700グラム相当以上の酸性分を中和するとすれば、かなり効率の良い食べ物だといえますね。それほどまでに、梅干梅干しの効果は強力ということです。

また梅干の体臭効果はそれだけではありません。汗のニオイを軽減する効果もあるのです。

前述したように、体の中に疲労物質(乳酸)がたまると、汗にアンモニアが増加してニオイが強くなります。梅干(クエン酸)にはこの乳酸を水と炭酸ガスに分解して体の外に出す作用があるのですが、

梅干はカルシウムの腸管からの吸収を著しく増加させる効果もあります。骨の元になるカルシウムですが、良い汗をかく時にも必要な成分なのです。一般体臭と汗のニオイの軽減ができる、梅干しの万能振りがうかがえますね。

さらには、口臭予防にもなります。梅干を食べると、唾液がたくさん出ます。これは、梅干の中にある有機酸と呼ばれる物質の殺菌作用により、唾液と共同して、口臭の原因となる雑菌の繁殖を抑ええいるのです。

口臭の予防効果もあるとは、至れり尽くせりな食べ物ということがいえますね。



タグ:梅干 体臭

共通テーマ:健康
前の5件 | - 体臭の消し方 ブログトップ

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当