So-net無料ブログ作成
体臭 消す 悩み 解消

GRAV deodorant
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
汗臭いニオイ ブログトップ
前の5件 | -

汗を出す穴と役割。なぜ臭いのか? [汗臭いニオイ]

臭いを外に出す主な器官は汗腺です。
汗を出す穴ですが、出すのは汗ばかりではないようです。

今回は、汗腺の役割についてです。

人間の汗腺は、2つの種類があります。「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。


エクリン腺は、主に、体温を下げるために利用されている汗腺で、生命維持には欠かせない汗腺です。皮膚の乾燥防止や、腎臓機能の補助作用も担ってます。全身のいたるところにあるのですが、密集度は場所によって異なります。

エクリン腺から分泌される汗は、99%が水です。無色透明で粘り気もありません。本来は全くの無臭です。
多汗症の汗の多くは、エクリン腺から分泌されます。暑かったり、辛いものを食べてもいないのに、何らかの原因によってエクリン腺から多量の汗が分泌してしまうのです。



アポクリン腺は、エクリン腺よりも大きい汗腺です。分泌機構も異なります。主に、わきや外陰部などに存在します。アポクリンの汗は、エクリンの汗と比べると、分泌量が少ないです。量は少ないですが、脂肪やタンパク質、鉄分、蛍光物質、尿素、アンモニア、色素などの成分を含みます。乳白色で少し粘り気があるのが特徴です。

この汗は、このように栄養たっぷりな上、塩分をほとんど含みません。皮膚の常駐菌が繁殖しやすいので、その発酵臭が独特の臭いやワキガ臭となるのです。

開口部は皮膚の表面でなくて、毛穴につながっています。ワキの下、陰部、乳首の周り、ヘソの周り、耳の中など、体毛の濃い特定の部位に存在します。しかし、なぜか頭皮には存在しません。

一度汗をかくと24時間ほど活動を休止するとされています。アポクリン汗腺とは、かなり違った働きをしていますね。


アポクリン汗腺は、性的な興奮などでも発汗することや、限られた部位にだけ存在しています。このことから、フェロモン分泌管としての働きがあるのでは? と推測されています。

多くの動物には特定の繁殖期があります。その時期には、フェロモンを出して異性を惹きつけようとします。かつては、人間にもそのような習性があったのかもしれませんが、知能や文明の発達によって繁殖期というものがなくなりました。アポクリン汗腺の存在意義が薄れてしまったのではないか、とも考えられています。


さて、エクリン腺とアポクリン腺意外にも、全身の皮膚に分布している「腺」組織があります。
それが「皮脂腺」。皮膚を柔らかく湿潤に保つ働きをもつ線です。

汗こそ出していませんが、ここからは油脂成分が分泌されています。この油脂によって、エクリン汗・エポクリン汗からでる汗のにおいが、とても強くなるのです。



タグ: 臭い 汗腺

共通テーマ:健康

汗腺から出る○○こそが汗ニオイの原因かと [汗臭いニオイ]


「汗には2つの種類がある」と、以前御話しています。
なぜ2つなのかというと、人間の汗腺の種類が2つあるからです。

ほぼ水分しか出さず、体温を管理するのが「エクリン腺」。基本的にはさらっとしてますが、夏場や運動時に出されるポタポタ汗にはニオイを発生させる危険があります。ミネラル交じりなので、皮膚表面の常在細菌の繁殖を促すのです。

一方の「アポクリン腺」は、フェロモンを発生させる役目を持ちます。人によってきついにおいを出す可能性があります。


以上のことから、サラサラしていて短時間で蒸発する汗こそ、理想的な汗といえそうです。こういう汗には臭いはありません。逆に、乾いたときに肌がべたつくような汗は「汗臭さ」の原因です。なめたときに苦味を感じる汗といえばわかるでしょうか。

汗腺の機能が衰えているときに、べたつく汗をかきやすくなります。
たとえば、次のような状態の人は、汗腺機能が衰えている可能性があります。

・運動をほとんどしない人
・入浴はシャワーで済ませている人
・空調の効いたオフィスで仕事をしている人


このような環境にある人は、汗をかく機会が極端に少ない状態にあります。ほとんど汗腺を使わないので、汗腺が衰えている可能性があるのです。汗腺は加齢によっても衰えていくので、長年に渡って汗腺を使っていないと、極端に体臭がキツイ人になってしまいます。

汗には、塩分やカルシウムなどのミネラル分が含まれています。こうしたミネラルは、通常、身体の外に出る前に、体内に再吸収されるようになっています。ミネラルは体にとって大切な成分。それを失わないようにするために、汗腺によって汗と一緒に分泌されるのを防いでいるんですね。

ところが汗腺の働きが衰えると、ミネラルの再吸収がうまくいかなくなります。身体に戻されることなく、汗とともに排出されてしまいます。これがニオイの元になるわけです。

では、どうすれば、ミネラルの排出をストップさせられるんでしょうか?


それは、また次回に。。。

タグ:原因 体臭 汗腺

共通テーマ:健康

汗臭い原因とそのニオイへの対策 [汗臭いニオイ]


前回は「汗と臭いの関係」について、お話しました。

前回までで、かいている汗には種類があって、必ず臭いがするわけではないということです。また、汗の出方によって、皮膚の上にたむろしている細菌が、繁殖しやすい場合があるということもわかりました。


今回は、汗臭い原因とそのニオイへの対策です。


ひと括りに言ってしまえば
汗をかく理由はさまざまなので、その対策もさまざま・・・・

でも、これでは見も蓋もありません。
説明にはいりますね。


ケース:ドカッとかいた汗

 暑い時期やスポーツをした時にかく汗。
 緊張状態になるためにかく汗。
 一時的な大量の発汗。

 こういった原因で汗臭さを感じる場合は、汗を洗い流すのが最良の対策です。「シャワーを浴びる」とか「お風呂に入る」ということです。


ケース:食べ物での汗

 にんにくやお肉など、食べたものが原因で汗の臭いがきつい場合。

体内にニオイのものを蓄えているので、その原因成分が体内から無くなるまでは、ニオイが続きます。しばらくは、周囲に対して臭い汗をかくことになります。対策はひとつ。「食べるものに注意する」ことです。焼肉が好きであっても、ニオイを気にするなら、回数を控えること。食に気をくばることで臭いを抑えることはできます。


ケース:疲れ

 疲労した状態でかいた汗が、アンモニア臭。

アンモニア臭の原因は、疲労物質である乳酸です。アンモニア臭のニオイ汗を出さないためには、疲労回復がポイントとなります。

食べ物としては「酢」がいいとされます。酢には、乳酸を燃焼させるクエン酸が多く含まれているからです。酢を摂取することで、アンモニア臭のする汗臭さを抑える効果が期待できます。

疲れていないのにアンモニア臭の汗が出る場合には、肝臓の病気など、汗腺の機能が衰えている場合があります。汗腺の機能が弱くなっていると、本来は、汗腺によって体内に再吸収されるはずのミネラル分が、汗と一緒に排泄されるのです。こうなると、肌がアルカリになるので、細菌の繁殖しやすくなり、いやな臭いを撒き散らしてしまいます。



「汗腺」がでてきましたね。
汗を出しているのは汗腺ですから、この機能によってニオイが左右されるようです。

では、次回は「汗腺」についていきましょう。


タグ:汗 ニオイ

共通テーマ:健康

臭いがキツイ 原因 [汗臭いニオイ]

臭いがキツイ 原因


申し訳ないことですが、このブログは、臭いをテーマにしているので、同じような内容の記事が重複してます。
でも、その中にも、微妙な状況の違いというものもあります。

今回は「汗臭さ」による、キツイ臭いの原因です。



汗とは、肌から分泌される液体です。
正確には、エクリン腺とアポクリン腺という汗腺から、出ています。
身体の老廃物を水分の形で排出しているのが、汗なので、基本的には「おしっこ」と似たような成分です。

汗腺ですが、「エクリン腺」はほぼ全身にあり、「アポクリン腺」は特定の場所だけに存在してます。


「エクリン腺」の汗。
エクリン腺の汗は、体温調節のために分泌するのが主な役割なので、ほとんどが水分。汗そのものにはほぼ臭いはありません。汗が水分として蒸発する際に気化熱を奪うために体温が下がります。この汗はサラッとしていて、すぐに乾きます。汗をかいているここにさえ気づくことはあまりありません。

しかし、夏場や運動時にはポタポタと流れ落ちるような大粒の汗をかくことがあります。

こちら汗はベタついています。
その理由は、ミネラル成分が大量に含まれるから。

皮膚がアルカリになるので、皮膚表面の常在細菌が繁殖しやすくなります。繁殖した菌は、皮脂などの老廃物を分解し、臭いを発するわけです。


「アポクリン腺」の汗。

アポクリン腺は、性腺とも呼ばれる臭いを発するための汗腺です。いわゆるフェロモンですね。ニオイをだすのが目的の汗腺なので、アポクリン腺から出せれる汗は、もともとが臭いをもつ汗です。

汗のニオイだけなら良いのですが、これも、汗に含まれる成分が皮膚表面の細菌によって分解されるて嫌なにおいになることがあります。臭いがきつくなって、周囲に不快感を与えるようになるのが「わきが」とよばれるようです。あまりにひどいときには、治療する必要があります。


エクリン腺は誰にもあるものです。
一方、アポクリン腺の発達には個人差があります。

ここに、臭い人と臭くない人との差が生まれ、体臭に悩む人がでてくるのです。


話はちょっとずれますが、加齢臭の原因は「ノネナール」であると、近年になって分かってきました。若いうちには臭くなかったのに、30過ぎあたりから、突然臭くなるということです。

10代や20代の、若いうちから臭い場合は、ノネナールではなく、こちらの「アポクリン腺」の汗が原因かもしれません。


次回、別の角度からも、汗と臭いの関係を考えます。



共通テーマ:健康

汗のニオイの種類 [汗臭いニオイ]



漢字で「臭い」とかいたり、カタカナで「ニオイ」と書いたり。
気まぐれで、文字を変えてます。

「臭い」という文字は、「くさい」とも読めるんで、区別をしたいときにカタカナを入れたりしてます。たいした意味はないんですが、少しだけでもわかり安くなれば・・・と。


では、本文です。



■ 汗と臭いの関係


汗臭いニオイというのは、汗をかいたことが原因で発するニオイです。
人は、自分では汗をかいた実感がないのですが、体温調節のために汗がでているのです。
そして、この汗は、臭わない汗です。


でも、ニオイの出る汗はありますし、汗臭い原因はひとつではありません。

 汗やその他の分泌物が細菌によって分解されることで臭う
 汗をかいた状態によって、汗そのものが臭う


身体から出るニオイの原因全てが「汗」なら、話は早いです。でも、実際はにおいの原因は多岐に渡ります。これがあるから、ニオイに悩まされるのです。

ここではニオイを「汗」に絞ります(汗だけに・・・)


○ 温熱性発汗
体温の上昇を防ぐために分泌される、体温調節のために分泌される汗です。体温が上がりすぎると、生命が危険になるので、周囲の環境に合わせて適度に発汗しているのです。生理機能のひとつですね。

この種の、平常時にかく汗には、臭いはないとされています。
ただし、スポーツをしたときなどのように短時間で大量の汗をかくような場合には例外があります。汗腺の機能が衰えていると、汗が原因で臭いがでることがあるのです。


○ 精神性発汗
ストレスを感じて、じんわりの汗を「精神性発汗」と呼びます。「手に汗にぎる」とか「冷や汗をかく」と言われる汗ですね。緊張すると手にじわっとかく汗がこれです。誰もが少なからず経験していることではないでしょうか。精神性発汗は、手のひらや、額など局所的にかく汗です。

一時的ながら、大量に出ることがあるので汗臭いと感じることがあります。



○ 味覚性発汗
辛い物を食べると汗をかきます。
香辛料などのカラミ成分を食べるとによって交感神経が刺激されます。食事をすると、体内に吸収された栄養素が分解されて、その一部が体熱となって消費されます。このときの発熱を「食事誘導性熱」といいます。辛い食べ物は、この熱の生産が、さらに高まるので体温が上がり、汗をかくのです。アルコール類も、発汗を促進します。

この、飲食から発汗が起こることを味覚性発汗というのです。

食べ物は、発汗に深くかかわるだけでなく、汗のニオイの原因にもなります。にんにくやニラなどを食べたあとには、不快なにおいが漂ってきますよね。アルコールを大量に飲んだ後には、酒臭さがプンプンしてきます。口から入るものだけに、口臭もくさくなります。


今回はここまで。。


共通テーマ:健康
前の5件 | - 汗臭いニオイ ブログトップ

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当