So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

ワキガ予防に使えるデオドラントジェル「海露(UMITSUYU)」
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
30代からの臭いの原因 ブログトップ

襟元や枕に巣食う臭い 原因と対策 [30代からの臭いの原因]

■ 襟元や枕に巣食う臭い.原因と対策


中高年男性の悩みの代表格といえば「加齢臭」

わたしにも覚えがあるのですが、枕カバーからも独特の臭いがします。若いころにこんな臭いがしなかったので、これは間違いなく加齢臭でしょう。普段から身体も洗っています。運動も食事も気を遣っているつもりでいます。それでも臭うのはなぜでしょうか?



■ 加齢臭の原因は○○ですよね?

いろいろと要因が重なるのですが、ざっくり言って加齢臭の原因は汗に含まれる皮脂です。それが酸化して発生する「酸化臭」。それこそが加齢臭の正体です。

頭皮は、髪に覆われてます。高温多湿であることから、雑菌が繁殖するには理想の環境です。頭が臭いやすいのは、そのためですね。男性は元々、女性よりも皮脂が多いのですが、食事や皮膚の乾燥、ストレスによってもは、さらに皮脂の分泌は多くなるようです。 


皮脂の分泌が過える原因には、脂肪分の多い食事や糖分を多く摂取・皮膚の乾燥・ストレス・・・などが挙げられます。こうした脂分が時間とともに酸化することが臭いの一因となるので、脂分が多いほど臭いもきつくなるという道理です。 


繰り返しますが、臭いを作り出す原因は雑菌です。
汗などによって雑菌が繁殖すると、臭いが生まれます。

それが、一般に「体臭」と呼ばれているものです。顔周辺にある臭いは、この雑菌と、皮脂の酸化した臭いが混合して発生します。そして、雑菌の繁殖力と体臭の酷さはおおむね比例するといわれます。雑菌が繁殖しやすい頭皮は、それだけ臭いが発生しやすいのです。


■ 生活習慣の見直しで、改善の可能性が


雑菌の量と体臭の強さはイコール。加齢臭の原因物質はノネナールですが、加齢で皮脂が増えて酸化量が多くなったと言い換えられるでしょう。裏を返せば、皮脂の量を減らせばいいことになります。つまり、食事内容や洗髪の仕方を見直すことでも対策できるわけです。年齢による皮脂増量という問題は残りますが、緩和策はとったほうがいいでしょう。

 「 生活習慣を改善すること 」が重要です。

・食事
 高カロリーや高脂肪ものは避けて、バランスのとれた和食を心掛ける。
 臭いのきついものを避ける。
 遅い時間の食事は避ける。
 緑黄色野菜を摂る。
 ゆっくりとよく噛んで食べる
 大量摂取を避ける。
 アルコールを減らす。
 喫煙する。

緑黄色野菜には、抗酸素化ビタミンも含まれています。バランスをつるだけでなく、加齢臭の消臭にも効果的です。


・シャンプー
 低刺激のシャンプーを使う
 地肌は優しく洗う。
 よく洗い流す。
 しっかり乾かす

臭いが気になると、つい強くこすりたくなりますが、それは逆効果。
健康な皮膚には表皮ブドウ球菌という菌が存在しますが、これは体臭を防ぐ菌です。入浴やシャワーでこの菌の8割は流されます。ゴシゴシやってしまうと、残された貴重な2割の菌をも落としてしまうことに。臭いの素になるっている黄色ブドウ球菌や真菌が増殖してしまい、体臭が強くなってしまいます。



最後に。

枕カバーは、こまめに取り替えることです。臭いが気になるようならば、洗濯を工夫します。洗濯の前に、塩素系漂白剤につけ置きしてから洗うことで、雑菌が根こそぎなくなります。

これが全てではありませんが、上記のことを徹底するだけで加齢臭の改善になります。今日からでもぜひ実践してみてくだいね。




共通テーマ:健康

加齢臭だけでは、説明できない体臭 [30代からの臭いの原因]

■ 加齢臭だけでは、説明できない体臭が


体臭は、年代と無関係に、身体から出るものですが、原因の違いによって、臭いに特徴があります。

もっとも有名で、敵視されるのは、「オヤジ臭」と言われている加齢臭。
資生堂が発見した「ノネナール」原因といわれていますね

加齢臭が活発になるのは、40代とされています。
早い人では、20台の後半から臭うといわれます。

加齢臭が発生する主な原因は「パルミトオレイン酸(脂肪酸)」。毛穴の奥の皮脂腺から分泌される皮脂が酸化したものです。若いうちなら、皮脂の酸化を防ぐことができるのですが、年齢とともに防御の機構が衰えるので、皮脂の酸化が活発になり、「パルミトオレイン酸」が生まれやすくなりノネナールが発生するのです。

40代とされている加齢臭が、20台の後半からも発生というのは、医学的にどうなんでしょう。
10年以上も差があるなんて、ずいぶんと無理があると思いませんか?

確かに、30歳を過ぎた頃から、自分の体のニオイが変わったと感じる男性が多くなっています。でも、これが「加齢臭」かというと、認めたくないものがあります。

その疑問に答えを出したのがマンダムです。


加齢臭とは違った「ミドル脂臭」というものを見つけました。30代から40代の、中間的年齢層「ミドル世代」の特有のニオイを、「ミドル脂臭」としたのです。


マンダムが実施した意識調査によれば、やはり一定の年齢で、体臭に変化が起こっていることがわかりました。20%の人が30歳代まで、50%くらいの人が、40歳代までの周囲の男性に対して、カラダのニオイの変化を感じていたのです。

しかし、一般的に加齢臭の原因物質が増えるのは40代以降。「過半数の男性が早く臭いだす」のはオカシイです。つまり、この年代のニオイの変化は、加齢臭では無かったということです。

マンダムが、このミドル特有の汗のニオイの変化に着目して研究した結果、30~40歳代男性には、特有のニオイがあることを発見しました。

主に、後頭部付近から発生する「アブラ臭い」汗のニオイであり、周囲から不快だと思われやすい汗のニオイであることがわかってきました。一般的に知られている「汗臭」や「加齢臭」とはまったく違うものです。

マンダムではそのニオイを「ミドル脂臭」と命名したのです。


ミドル脂臭の原因成分は「ジアセチル」です。どんな臭いなのかというと、まるで、使い古した油のような臭気があります。口臭や足の臭い成分よりも、ずっとニオいやすいのです。この、自分では気づきにくいミドル脂臭は、主に後頭部から首の後ろ周辺に発生します。

わかりますね?
鼻の反対側にあるので、自分ではなかなか気づくことができないのです。

アンケート調査の結果によれば、女性の多くはミドル男性の特有のニオイを「アブラっぽい」「生ごみのよう」などと、不快に感じていることがわかっています。



マンダムの研究によると、ミドル脂臭の強さがピークを迎えるのは、35~45歳。この年代の人は非常にまずいです。覚悟が必要ですよ?

 20歳代から続いている汗臭が残ってます。
 40代からの加齢臭が徐々に強くなっていきます。

つまり、30~40歳代は、ニオイの三重苦ということ。生まれてから死ぬまでの長い人生の中で、最も体臭が発生しやすい時期なのです。




共通テーマ:健康
30代からの臭いの原因 ブログトップ

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当