So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
ニオイの原因 ブログトップ
前の5件 | -

肉食が体臭をきつくする理由とは [ニオイの原因]



「食物」は、身体そのものです。
人間の身体は、食べた物を変化させて、エネルギーにしたり、骨や筋肉や皮膚に取り込んでいるのですから、当然ですね。

そういうことから、香りの良いものを食べると言い匂いの身体になりますし、刺激臭の強いものを食べれば、臭い身体になります。

ニンニクやニラなど、ニオイのキツイものを食べると、しばらくは体中から、クサイ臭いが漂います。
では「肉」はどうでしょうか?

体臭についての口コミやサイトを見ると、肉を食べることが多いほど、体臭がきつくなるという話が出てきます。肉は刺激臭がありません。それなのに、身体が臭くなるのは、どういうことでしょうか?

肉食を多く食べる外国人(欧米)は、日本人よりも体臭が強いイメージがあります。日本人であっても、肉ばかり食べて肥満気味の人はやはり体臭が強いイメージがあります。そういうことから、肉を食べる事は体臭に繋がる何か原因があると考えるのは自然なことです。

原因を調べてみると、大きく2つのポイントがみつかりました。


1 肉を食べると汗をかきやすくなる

肉の主成分はたんぱく質です。このたんぱく質を消化するには、非常に多くのエネルギーを必要とします。多くのエネルギーを消費するということは、それだけで体温が上昇します。体温が上がって出てくるのは「汗」。汗をかきやすい状況になるわけです。

この汗が、臭いの原因。体臭の原因というわけです。


2 肉を食べると刺激臭が発生する

肉類に含まれるタンパク質が摂取されると、体内で分解され、アミノ酸として吸収されます。このとき、そのアミノ酸の一分から生成される物質があります。それが「アンモニア」です。

知ってのとおり、アンモニアは刺激臭。鼻にツンとする臭いのする物質です。普通は、肝臓の働きで尿になり、すべて外に排出されます。ところが、不摂生を続けていると、肝臓や腎臓の機能が低下します。アンモニアを100%分解しきれなくなり、血液に流れ込みます。血液は体中を駆巡り、口臭や汗の臭いとして分泌されてしまうのです。

となみに、肝臓・腎臓が健康であってもアンモニアが臭うことがあります。それは、便秘になってしまったときなど。一言でいえば、コンディションが悪い時ほど、食べた肉は体臭となって出てくると言えるようです。



肉類は体臭に影響することがわかりました。自分の臭いが気になるなら、できるだけ肉は口にしないことですね。もちろん必要な栄養もあるので、「適度」なのが重要です。理想的には「菜食派」になることを心がけます。


タグ:体臭 肉食

嫌な体臭をさっぱりと消したい 5つの方法 [ニオイの原因]

おそらく、このこのブログを見ているあなたは、ニオイで悩んでいるのでしょう。
もしくは、家族の誰かの体臭がとても臭いとか。。。

短絡的に、すぐにも解決策を用意したいのですが、なにせ、ニオイも病気と一緒で、ケースバイケースです。パターンに分けられそうでいて、個人差もある。

一足飛びに、「こういうときにはこうすればいい」という答えは、ありそうですが、無いみたいです。

目先だけの対処なら、デオドラント。香水や制汗スプレーでしのぐ方法です。
次にいいのが、こまめな入浴。夜にお風呂に入るだけでなく、朝や運動の後に、シャワーを浴びたりするわけです。
衣類に目を向ければ、「レノア」などの洗剤で洗濯すること。柔軟剤なんですが、衣類に香りが染み込むので、体臭のついた衣類のニオイが取れますし、きていれば、身体からの臭いをごまかすこともできます。

次いでの手段は、薬用石鹸。
主に手足を洗うイメージがありますが、身体も洗えます。ただし頭には向きません。

同じ石鹸ならば、専用の臭い取り石鹸のようが効果的です。柿渋石鹸などが、有効ですね。石鹸とはいえ、頭から、全身シャンプーのように洗えます。臭いに関しても、皮膚の奥に隠れてる皮脂や雑菌も取り去ってしまうので、持続性があります。毎日使うことで、かなり根本から改善できる可能性も。オススメです。

ただし、石鹸によっては、皮脂を取りすぎて乾燥肌になったり、常在菌を減らしすぎるものもあるので選ぶには、注意が必要ですし、使い方も個人での工夫が要ります。これは、主に加齢臭に効果があります。


もっと、根本的に解決するなら、食事に気をつけて適度な運動を心がけます。

もっとも
生活的に臭くなっている人は、運動や食事に気をつけるの苦手な人が多いと推測されます。


以上、駆け足で、ざっくりとお話しました。
こうした対策については、今庫、時間をかけてゆっくりと進めていきたいと思います。



最後に。
体臭の原因が、病気にある場合は、医者に直行しましょう。

「汗をかかない人の臭い汗」を無くすトレーニング? [ニオイの原因]


前回、「汗をかかない人の汗」がとても臭いということを、お話しました。

汗が臭いのは、汗の濃度が高いということでした。

汗腺機能が低下していたり、汗をかく「能動汗腺」の少ない人は、ニオイのする汗をかきやすくなるということです。

これ、どうしたらいいのでしょうか?

普通、汗そのものは、臭くないはずです。
なのに、こういう体質の人は、身体から出る汗そのものにニオイがする。

こうなってしまうと、香水はいうに及ばず、食事に気をても効果が薄いでしょう。柿渋石鹸などの専用ソープでも、たいして役に立ちません。

なにせ、汗をかくたび、次から次へと、ニオイが出てくるのです。
肌の菌や皮脂をいくら抑制しても、イタチゴッコ。
無駄とはいいませんが、キリがありません。

こうした「汗をかかない人」体質を改善して、臭い汗を出さないようにするには、どうすればいいでしょうか?



もちろん、わかってますよね?


当然ながら「汗をかく」ことです。
人間は、便利なことに、使う機能は強化されます。
動かないでいると、筋肉が衰えていくように、汗もほどよくかくほどに、汗腺機能が高まります。

始める時期は、夏前の5月くらいがベストなのですが、いつでもかまいません。
汗腺のトレーニングをすることで、汗腺の機能を高めて、能動汗腺を増やすことが大事です。

能動汗腺を増やすといってますが、正確には「再起動」です。
実は、人間の体には200万~500万の汗腺があると言われてます。
普段は、その半分近くは休眠状態にあるので、これをゆり起こすわけです。

トレーニングといっても、いきなり、ジョギングや過酷なウェイトリフティングをするわけではないので、安心してください。お風呂に入るのが第一歩です。


では「汗腺トレーニング」の方法です


1 高温浴

 浴槽に43度くらい(火傷をしない温度)を20センチくらいに少なめにはる。
 風呂用のいすなどに座って、肘から下と両足を10分~15分くらいあたためる。
 


2 微温浴

 同じ湯船にぬるま湯を足して36℃程度にし、10~15分間、半身か全身を浸す。
 リラックスして、高温で高まった交感神経を安定させるのが目的。
 (コップ1杯ほどのリンゴ酢か、バスソルトをいれると効果が高まる)


3 お風呂からあがったら

 十分にタオルで拭いて水分をふき取る。
 汗が自然に蒸発するまで待って衣類を着る
 直後にエアコンの冷たい風などで、汗を抑えたりしないこと



以上。
汗が汗腺から出やすくなり、機能を高めることができます。
ちなみに、「汗腺トレーニング」を提唱しているのは、五味クリニック院長の「五味 常明」先生です。

YOUTUBEでも観られます。
http://www.youtube.com/watch?v=vdMi4WMSSIU



今回はここまで。

女性が死んでも言えない「デリケートな悩み」とは? [ニオイの原因]

■ 女性が死んでも言えない「デリケートな悩み」とは?


体臭で悩んでいるのは、男性だけではありません。
男から見た女性、とくに若い女性というのは、良い香りを漂わせているいる存在。まさか、体臭で悩んでいるなど考え及びません。

とはいえ、女性だって生物の端くれ。
デリケートゾーンや体臭など、なかなか人に言えない悩みを抱えているのは、当たり前なのです。

言えないということは、一人で解決しかないわけで、それだけにケアは効果的かつ確実に行いたいと切に願っています。とはいうものの、専用のケア製品を購入するのにはなかなか勇気が必要な時もあったりします。


デリケートゾーン専用の化粧品を販売するとある会社が、20代から50代の女性200人を対象に「デリケートゾーンに関するアンケート調査」を実施したそうです。体臭の悩みよりも、さらなる深い悩みが飛び出しそうですね。


■ デリケートゾーンケア商品を使ったことがない人が多数

デリケートゾーン専用化粧品会社だけに、最初の質問は「デリケートゾーンケア商品で使用した事があるものは?」というもの。女性ならかなり気を使っていると思われがちですが、全体の約8割が「使用した事が無い」と回答。具体的な使用商品を挙げた人はわずかでした。

■ 約半数の女性が“自分の汗の臭い”を気してる

やはり気にかかるのは、「一番デリケート悩み」でしょう。この質問への回答は次のようになってます。

 1位 多汗症       24%
 2位 体臭        14%
 3位 脇の臭い      13.5%
 4位 足の臭い      11.5%
 5位 便臭・おならの臭い 10%

ご覧の通り、最も多かったのが「多汗症」で、「体臭」や「脇の臭い」が続いてます。「足の臭い」なども含めると、どれもこれも“汗”に関係した悩みが上位を占めることがわかります。この「汗」を臭いの原因と捉えるか否か。臭いの元であると考えれば、トップ5全てがにおいに関する悩みあることが見えてきます。


■ かいた汗。しばらくは無臭ですが・・・

じつは、汗自体はほぼ無臭というのは、最近の医学で判明しているところです。ところが、無臭であるはずの汗が、体臭の原因を呼び込んでいることも、分かっています。


(1)臭いの原因は雑菌
 体臭というのは、体の垢や皮脂などと汗が混ざり合い、雑菌が繁殖することによって発生します。衣服が汗臭くなることも、汗が衣服に染みて雑菌が繁殖することが原因です。つまり臭いを防ごうと思うなら、速乾タイプの下着と着たり、汗を吸収するパウダーを使用するなどするtことで、汗で湿った状態を早急に解決することが必要です。汗濡れしてまま維持しないことが重要なのです。

(2)足の臭いが強いのはなぜ?
 汗が出るのは汗腺です。汗腺が密集している箇所には、集中して汗がたまってしまうのです。脇や頭には汗腺が多いのですが、足も汗腺”が多い場所のひとつです。ところが、ほかの場所と違って、足は靴の中に隠れたいるため通気性は最悪です。汗が出やすい部分なのに一日中靴や靴下で常に蒸れ環境におかれるせいで、雑菌の温床になりやすいのです。
 足臭い対策は単純で蒸れない工夫をするのが一番です。社内では靴を履き替える、毎日同じ靴を履かない、汗を吸いやすい綿素材の靴下を履く、通気性のよい種類の靴を選ぶ。とにかく臭いを大幅に抑えることに徹します。オフィスによっては、外部のホコリを持ち込ませないのう、サンダル可能な職場もあります。窮屈な靴を履かないでよいのなら、環境に甘えましょう。

(3)老廃物たっぷり……悪い汗はクサイ!
 人間は代謝が乱れると、体内の毒素や老廃物が溜まった“悪い汗”が出やすくなります。発汗が適切に行われないと、通常よりも濃度の濃い“悪い汗”がでるのです。このタイプの汗は、雑菌の繁殖が進みやすく、より強い臭いを発する原因となります。
 これを回避するには、健康を取り戻すことです。運動と睡眠は足りてるでしょうか。適度な運動を行ったり食生活を見直すことでも、汗の臭いを大幅に軽減することができるのです。生活や食事が乱れている人は、うっすら自覚しているのではないでしょうか。現在のライフスタイルを見直してみてはいかがでしょう。




タグ:女性 体臭

汗が臭うとき、臭いのは汗じゃない [ニオイの原因]

ほとんどの人は、身体からでる臭いの原因は汗だと思っています。
かいてる汗そのものが臭いから、自分が臭いというわけです。

食べた物や汗腺によっては、汗そのものが臭いこともあります。
「汗腺」については、また、そのうちお話しますが、まずは、一般的なニオイの原因について書きたいと思います。


体臭の原因は、汗よりも雑菌です。

たしかに汗をかいたままにしておくと、嫌な臭いがしてきます。
でもそれは汗自体の臭いではありません。

汗の成分の99%は水分。ご存知とおり、H2Oである水は、無職無臭です。汗も、サラっとしていてほとんど臭いはありません。

ではそこから臭いがくるかというと、汗と皮脂などが混ざったモノを、皮膚の雑菌や垢などが反応して通常の汗クササになるのです。

臭う汗になるまでには、1時間くらいのタイムラグがあります。雑菌のエサになるものを取り除く。つまり、かいた汗をすぐに拭き取れば、ニオイを発生させさせないことができるわけです。ただ実際、身体のすべての汗をいつもすべてふき取るのは難しい。雑菌のエサが増え、雑菌も増えて、体臭がひどくなっていくのです。

暑い日などに、じわじわかいた汗が、お昼ごろになって、ニオイを増していくのはこうした理由によるものです。


さて、こういう風に、よくあるニオイの元は雑菌なんですが、雑菌意外による体臭の原因もあります。

それはまた、次回に。


トラックバック(0) 
前の5件 | - ニオイの原因 ブログトップ

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当