So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

ワキガ予防に使えるデオドラントジェル「海露(UMITSUYU)」
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

「汗をかかない人の臭い汗」を無くすトレーニング? [ニオイの原因]


前回、「汗をかかない人の汗」がとても臭いということを、お話しました。

汗が臭いのは、汗の濃度が高いということでした。

汗腺機能が低下していたり、汗をかく「能動汗腺」の少ない人は、ニオイのする汗をかきやすくなるということです。

これ、どうしたらいいのでしょうか?

普通、汗そのものは、臭くないはずです。
なのに、こういう体質の人は、身体から出る汗そのものにニオイがする。

こうなってしまうと、香水はいうに及ばず、食事に気をても効果が薄いでしょう。柿渋石鹸などの専用ソープでも、たいして役に立ちません。

なにせ、汗をかくたび、次から次へと、ニオイが出てくるのです。
肌の菌や皮脂をいくら抑制しても、イタチゴッコ。
無駄とはいいませんが、キリがありません。

こうした「汗をかかない人」体質を改善して、臭い汗を出さないようにするには、どうすればいいでしょうか?



もちろん、わかってますよね?


当然ながら「汗をかく」ことです。
人間は、便利なことに、使う機能は強化されます。
動かないでいると、筋肉が衰えていくように、汗もほどよくかくほどに、汗腺機能が高まります。

始める時期は、夏前の5月くらいがベストなのですが、いつでもかまいません。
汗腺のトレーニングをすることで、汗腺の機能を高めて、能動汗腺を増やすことが大事です。

能動汗腺を増やすといってますが、正確には「再起動」です。
実は、人間の体には200万~500万の汗腺があると言われてます。
普段は、その半分近くは休眠状態にあるので、これをゆり起こすわけです。

トレーニングといっても、いきなり、ジョギングや過酷なウェイトリフティングをするわけではないので、安心してください。お風呂に入るのが第一歩です。


では「汗腺トレーニング」の方法です


1 高温浴

 浴槽に43度くらい(火傷をしない温度)を20センチくらいに少なめにはる。
 風呂用のいすなどに座って、肘から下と両足を10分~15分くらいあたためる。
 


2 微温浴

 同じ湯船にぬるま湯を足して36℃程度にし、10~15分間、半身か全身を浸す。
 リラックスして、高温で高まった交感神経を安定させるのが目的。
 (コップ1杯ほどのリンゴ酢か、バスソルトをいれると効果が高まる)


3 お風呂からあがったら

 十分にタオルで拭いて水分をふき取る。
 汗が自然に蒸発するまで待って衣類を着る
 直後にエアコンの冷たい風などで、汗を抑えたりしないこと



以上。
汗が汗腺から出やすくなり、機能を高めることができます。
ちなみに、「汗腺トレーニング」を提唱しているのは、五味クリニック院長の「五味 常明」先生です。

YOUTUBEでも観られます。
http://www.youtube.com/watch?v=vdMi4WMSSIU



今回はここまで。


共通テーマ:健康

女性が死んでも言えない「デリケートな悩み」とは? [ニオイの原因]

■ 女性が死んでも言えない「デリケートな悩み」とは?


体臭で悩んでいるのは、男性だけではありません。
男から見た女性、とくに若い女性というのは、良い香りを漂わせているいる存在。まさか、体臭で悩んでいるなど考え及びません。

とはいえ、女性だって生物の端くれ。
デリケートゾーンや体臭など、なかなか人に言えない悩みを抱えているのは、当たり前なのです。

言えないということは、一人で解決しかないわけで、それだけにケアは効果的かつ確実に行いたいと切に願っています。とはいうものの、専用のケア製品を購入するのにはなかなか勇気が必要な時もあったりします。


デリケートゾーン専用の化粧品を販売するとある会社が、20代から50代の女性200人を対象に「デリケートゾーンに関するアンケート調査」を実施したそうです。体臭の悩みよりも、さらなる深い悩みが飛び出しそうですね。


■ デリケートゾーンケア商品を使ったことがない人が多数

デリケートゾーン専用化粧品会社だけに、最初の質問は「デリケートゾーンケア商品で使用した事があるものは?」というもの。女性ならかなり気を使っていると思われがちですが、全体の約8割が「使用した事が無い」と回答。具体的な使用商品を挙げた人はわずかでした。

■ 約半数の女性が“自分の汗の臭い”を気してる

やはり気にかかるのは、「一番デリケート悩み」でしょう。この質問への回答は次のようになってます。

 1位 多汗症       24%
 2位 体臭        14%
 3位 脇の臭い      13.5%
 4位 足の臭い      11.5%
 5位 便臭・おならの臭い 10%

ご覧の通り、最も多かったのが「多汗症」で、「体臭」や「脇の臭い」が続いてます。「足の臭い」なども含めると、どれもこれも“汗”に関係した悩みが上位を占めることがわかります。この「汗」を臭いの原因と捉えるか否か。臭いの元であると考えれば、トップ5全てがにおいに関する悩みあることが見えてきます。


■ かいた汗。しばらくは無臭ですが・・・

じつは、汗自体はほぼ無臭というのは、最近の医学で判明しているところです。ところが、無臭であるはずの汗が、体臭の原因を呼び込んでいることも、分かっています。


(1)臭いの原因は雑菌
 体臭というのは、体の垢や皮脂などと汗が混ざり合い、雑菌が繁殖することによって発生します。衣服が汗臭くなることも、汗が衣服に染みて雑菌が繁殖することが原因です。つまり臭いを防ごうと思うなら、速乾タイプの下着と着たり、汗を吸収するパウダーを使用するなどするtことで、汗で湿った状態を早急に解決することが必要です。汗濡れしてまま維持しないことが重要なのです。

(2)足の臭いが強いのはなぜ?
 汗が出るのは汗腺です。汗腺が密集している箇所には、集中して汗がたまってしまうのです。脇や頭には汗腺が多いのですが、足も汗腺”が多い場所のひとつです。ところが、ほかの場所と違って、足は靴の中に隠れたいるため通気性は最悪です。汗が出やすい部分なのに一日中靴や靴下で常に蒸れ環境におかれるせいで、雑菌の温床になりやすいのです。
 足臭い対策は単純で蒸れない工夫をするのが一番です。社内では靴を履き替える、毎日同じ靴を履かない、汗を吸いやすい綿素材の靴下を履く、通気性のよい種類の靴を選ぶ。とにかく臭いを大幅に抑えることに徹します。オフィスによっては、外部のホコリを持ち込ませないのう、サンダル可能な職場もあります。窮屈な靴を履かないでよいのなら、環境に甘えましょう。

(3)老廃物たっぷり……悪い汗はクサイ!
 人間は代謝が乱れると、体内の毒素や老廃物が溜まった“悪い汗”が出やすくなります。発汗が適切に行われないと、通常よりも濃度の濃い“悪い汗”がでるのです。このタイプの汗は、雑菌の繁殖が進みやすく、より強い臭いを発する原因となります。
 これを回避するには、健康を取り戻すことです。運動と睡眠は足りてるでしょうか。適度な運動を行ったり食生活を見直すことでも、汗の臭いを大幅に軽減することができるのです。生活や食事が乱れている人は、うっすら自覚しているのではないでしょうか。現在のライフスタイルを見直してみてはいかがでしょう。




タグ:女性 体臭

共通テーマ:健康

臭いがキツイ 原因 [汗臭いニオイ]

臭いがキツイ 原因


申し訳ないことですが、このブログは、臭いをテーマにしているので、同じような内容の記事が重複してます。
でも、その中にも、微妙な状況の違いというものもあります。

今回は「汗臭さ」による、キツイ臭いの原因です。



汗とは、肌から分泌される液体です。
正確には、エクリン腺とアポクリン腺という汗腺から、出ています。
身体の老廃物を水分の形で排出しているのが、汗なので、基本的には「おしっこ」と似たような成分です。

汗腺ですが、「エクリン腺」はほぼ全身にあり、「アポクリン腺」は特定の場所だけに存在してます。


「エクリン腺」の汗。
エクリン腺の汗は、体温調節のために分泌するのが主な役割なので、ほとんどが水分。汗そのものにはほぼ臭いはありません。汗が水分として蒸発する際に気化熱を奪うために体温が下がります。この汗はサラッとしていて、すぐに乾きます。汗をかいているここにさえ気づくことはあまりありません。

しかし、夏場や運動時にはポタポタと流れ落ちるような大粒の汗をかくことがあります。

こちら汗はベタついています。
その理由は、ミネラル成分が大量に含まれるから。

皮膚がアルカリになるので、皮膚表面の常在細菌が繁殖しやすくなります。繁殖した菌は、皮脂などの老廃物を分解し、臭いを発するわけです。


「アポクリン腺」の汗。

アポクリン腺は、性腺とも呼ばれる臭いを発するための汗腺です。いわゆるフェロモンですね。ニオイをだすのが目的の汗腺なので、アポクリン腺から出せれる汗は、もともとが臭いをもつ汗です。

汗のニオイだけなら良いのですが、これも、汗に含まれる成分が皮膚表面の細菌によって分解されるて嫌なにおいになることがあります。臭いがきつくなって、周囲に不快感を与えるようになるのが「わきが」とよばれるようです。あまりにひどいときには、治療する必要があります。


エクリン腺は誰にもあるものです。
一方、アポクリン腺の発達には個人差があります。

ここに、臭い人と臭くない人との差が生まれ、体臭に悩む人がでてくるのです。


話はちょっとずれますが、加齢臭の原因は「ノネナール」であると、近年になって分かってきました。若いうちには臭くなかったのに、30過ぎあたりから、突然臭くなるということです。

10代や20代の、若いうちから臭い場合は、ノネナールではなく、こちらの「アポクリン腺」の汗が原因かもしれません。


次回、別の角度からも、汗と臭いの関係を考えます。



共通テーマ:健康

クエン酸のお風呂 [体臭の消し方]

前回「お酢の風呂」の続きです・・・


「お酢風呂」は、皮膚を弱酸性に保つのですが、もう一つ別の目的があります。酢の中に含まれるクエン酸は、体臭のうち、アンモニア臭に効果があるとされるのです。

体臭の原因は一つだけではありません。皮膚表面で細菌によって作られるだけでなく、汗腺から汗の中に排出されるニオイもあります。

皮膚の抹消循環が悪くなって、汗腺に十分な酸素が供給されないと、乳酸がたくさんできます。汗の中のアンモニアは、この乳酸につられて汗の中に出てくるのです。ツーンとする種類の体臭は、このアンモニアが原因です。

しかし、たとえ酸素が足りない状態であっても、体に「クエン酸」などの有機酸が十分にあれば、乳酸が生産されなくなるので、アンモニア臭が発生しにくくなります。

お風呂に酢を入れると、酢に含まれている「クエン酸」などの各種のアミノ酸が、皮膚の汗腺から吸収されます。吸収されたクエン酸は乳酸を抑制するので、アンモニア臭のしない肌になっていきます。

これが、酢のお風呂に入ったときの、二つ目の効果です。


クエン酸を直接お風呂に入れるのもOKです。効果は酢よりも落ちますが、体臭予防としてはそれなりの効力が期待できます。

もちろん、クエン酸は、食べものから摂取することも必要です。
レモンや梅干が、代表的な食べ物です。

酸っぱいものなので、「直接食べるのは、ちょっと・・・」という人は、料理に使いましょう。




共通テーマ:健康

吐き気がするほど体臭が臭いといわれた [ほかの人の体臭]

「 吐き気がするほど、体臭が臭い!」

言われるほうも、言う人も、どちらとも心が重いですね。

「臭い」と言われることはショックです。
でも、それを前向きに受け止めて、改善するなら、言ったほうも無駄ではないわけです。

問題は、言えないケース。

仲のいい相手であっても言いにくいもの。
増してや、相手がこんな人ならさらに言えなくなります。


 上司
 異性
 怒鳴る人
 精神的に脆そうな人
 近づきたくない人


女性から男性とか、男性から女性とかは、言いにくいものです。本当のことであっても「セクハラ」になってしまいます。相手「上司」というのも、下手な恨みを買うと後々面倒ですね。


「 あんた臭いよ! いつも何食べてんの? お風呂に入ってんの? 」


こんな風にはっきり言えたら、さぞすっきりするんですが。。
ニオイにも種類があります。生臭いとか、酸っぱいとか、ツーンと鼻に染みるとか、脂っぽいとか。ワキガとか。。たとえどんな臭いであっても、迷惑に違いはありません。

改善の意思が本人にあれば、そっと見守ることもできるし、アドバイスもしやすいのですが。もっとも、そういう人でないから体臭が問題になっているといえます。


そうした、近くに臭い人がいたらどのような方法で対処すればいいのでしょうか?
次回から、いくつかケース別に対処を考えます。



共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当