So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

お風呂と、臭い代謝物との関係 [体臭の消し方]

お風呂は、身体の汚れを取るものですが、落とす汚れのは肌の表面ばかりではありません。もう少し、奥の汚れも取れます。同時に臭いの原因も取り去るので、嫌な体臭を軽減したり消すことにつながります。

ただし、体臭を軽減するなら、寝る前にゆっくりと入浴するのが条件です。この場合の「ゆっくり」とは、時間的な長さではなく、気分的なくつろぎのこと。

お風呂には、疲れをとる効果があります。
気分的なリラックスの意味もありますが、肉体的にもかなり取り去れるのです。

人間は、活発に活動するほど、体内に「乳酸」が溜まっていきます。乳酸は疲れの結果ですが同時に臭いの元にもなっています。乳酸が体に増加すると、汗の成分であるアンモニアも増加します。しかし、ゆったりとお風呂に入ると、血液の循環がよくなるので、乳酸は著しく減少します。

乳酸は「血液の循環がよくなると減少する」という特徴を持ちます。お風呂のあと、血行が充実している状態で睡眠をとれれば、夜中にも乳酸を減らすことができます。これは「乳酸減少期」と呼ばれています。

お風呂に入って眠って乳酸が減り、寝ている間にも乳酸を減少する。乳酸は疲れや体臭の元でした。この2つの効果で、広間の体臭を減らすことができるわけです。


そういうことで。
お風呂の入り方は、「ゆっくり」が原則です。


朝シャンや朝風呂がもてはやされています。それを否定するものではありませんが、朝に、あわただしく入浴しても、乳酸を減少させる効果はありません。朝風呂で、一日の活動がそのまま開始されると、「乳酸減少期」がとれません。汗の中のアンモンニア濃度が減少する期間が少なくなるので、体臭が強いままで一日を過ごしてしまいます。

また、朝風呂では、入浴後に汗が十分蒸発しないままに、すぐ服を着てしまいます。深部体温が下がることができないので、汗をかきやすい状態がずっと続きます。これも体臭の原因ともなります。

朝風呂にも良い点はあります。
とりあえず、寝汗などの汗くささは減りますから。

でもそれは、あくまで一時的なものです。体の中からの体臭を減らすなら、朝風呂だけではいけません。夜、寝る前にも入浴すべきです。


タグ:お風呂 臭い

共通テーマ:健康

栄養ドリンクで体臭がきつくなるのは本当? [ニオイの原因]

■ 栄養ドリンクで体臭がきつくなるのは本当?


「栄養ドリンクをよく飲む人は体臭がきつい」という話しがあります。栄養ドリンクに各種ビタミンが入ってますが、そのせいで体臭が悪くなるということのようです。でも一方で、ビタミンが体臭を抑えてくれるとも言われてます。まったく正反対ですね。

根拠には諸説あって、一概に「必ず臭くなる」「ニオイが取れる」といえない部分があります。どちらも正解であり、間違いなのです。

まず、体臭が臭くなくなる説から話します。


・ビタミンが体臭を抑える

栄養ドリンクやビタミン剤の種類は多く、含まれている栄養素の種類も量もさまざまです。つまり栄養ドリンクを飲んだから必ず臭くなり、含まれるビタミン剤が、体臭の原因になる根拠は無いと考える人がいます。むしろ、ビタミンやミネラルには体臭を抑える効果があるのだと。

実は、ビタミンB系は皮脂の分泌を抑制すす効果があります。また、ビタミンCなどは抗酸化作用を持っていて、皮脂の酸化を抑制する効果が期待できます。皮脂が酸化されることで悪臭成分が発生することを考えれば、酸化を抑制する成分、つまり「抗酸化力の強い」成分を摂取することが、体臭の抑制に繋がるということです。

そうは言っても、栄養ドリンクやビタミン剤を飲んでから、体臭がきつくなったという人がいますよね。こういう人は、ドリンクの飲み方に問題があるのではないかと考えられてます。

栄養ドリンクやビタミン剤を飲むときは、食事が偏っていたり、体が疲れているときに飲ことが多いはずです。
偏食や疲労こそが、体臭を強くした本当の正体かもしれません。そういう意味で、ビタミン剤や栄養ドリンクの摂取量を守り、飲みすぎない限りは体臭がきつくなることはないはずです。



・ビタミンは体臭を酷くする

ドリンクに含まれる「ビタミンB1」が、原因になっている考える人もいます。飲んだB1が、汗とか体液にその匂いが出てくるため、体臭がきつくなるというのです。

ビタミンB1は、いわゆる「ニンニク注射」の主成分です。ニンニク注射というのは、ビタミンB1を中心としたビタミンを含む、疲労回復や健康増進を目的とした注射のこと。ニンニクの成分は一切使われていませんが、匂いが似ていることから、この名があります。

ニンニクを食べなくても、ビタミンB1のニオイが臭い。そのニオイが体臭となることから、栄養ドリンクを飲むと体臭がきつくなるというわけです。ではなぜ、B1がニンニク臭くなるのでしょうか?

「ビタミンB1誘導体」を人間が摂取すると、代謝によって疲労回復などの効果が出る性質があります。「ビタミンB1誘導体」は人間の体内で「ビタミンB1」になって、威力を発揮する薬なのです。

もっと正しく言えば、「ビタミンB1誘導体」は、人間の体内で「ビタミンB1」と「アリシン」に分解されます。この「アリシン」が体内でさらに分解されるときに、ニンニク、玉ねぎ、ニラなどの臭い成分を発生させるのです。この臭い成分は「ジアリルジスルフィド」と言います。

ジアリルジスルフィドは、血液に溶け込んで人間の体内を循環します。これが呼吸で排出されればそれは口臭になり、皮膚から排出されれば体臭になるのです。



■ どちらが本当か?

いかがですか?上記の2つはどちらも正しいように見受けられます。
疲れを取るための栄養ドリンクですが、いずれにしても、依存してしまうような飲み方はしないほうが良いようですね。




共通テーマ:健康

ニオイのする汗と、汗をかかない人の汗 [ニオイの原因]


前回、体臭の原因は汗ではなく雑菌だといいました。

それは、半分当たっていて、半分はハズレです。
実は、汗そのものが臭い場合も少ないないのです。

1 「汗腺」の違いによる汗
2 汗をかかない人の汗


<span style="color : red; size:+2">「汗腺」の違いによる汗</span>
一般的な汗を出している汗腺は、「エクリン汗腺」といいます。これはほとんどが水分なので、ニオイは出しません。汗腺にはもう一つ、「アポクリン汗腺」というのがあります。サイズは、エクリン汗腺の10倍なので「大汗腺」とも呼ばれます。この汗腺の汗には男女差があるそされます。

とくに脇の下のアポクリン腺から出る汗は、男性と女性とでは分泌のされ方が違います。

男性の場合は、短時間に分泌してはストップします。「 汗かく ⇒ 汗かかない 」を繰り返すため、臭いは強いのですが断続的なものです。女性の場合、長時間に渡って少しずつ分泌されます。汗が止まらないことから臭いも止まりません。

「 一日中臭いが気になる 」という人が、女性の方に多いのは、こうした理由からです。
ただし女性は、ニオイを気にする分だけ、ニオイ対策を怠らないのでしょう。世の中では、女性のニオイは弾性ほどには目立たない気がします。


<span style="color : red; size:+2">汗をかかない人の汗</span>
最近、汗自体にニオイをつくる成分を含んだ汗をかく人が増えています。しかも、「アポクリン汗腺」ではなく、ニオイを出さないはずの「エクリン汗腺」からの汗のほうです。

どういう人の汗が臭いかと言うと、「日頃汗をかかない人」の汗です。

私たち現代人の多くは、一年を通じて、空調の効いた部屋にいます。冬はもちろん、夏でも汗をかく機会が少ないので、汗腺の機能が低下していってるのです。使わない機能は退化するので、親の代より子供の代の汗腺は、半分しかないとも言われます。


ここで、汗の仕組みに触れますね。

汗腺は、血液から血球を除いた血漿(血しょう)をくみ取って汗の原料としています。ただ、この中には身体に必要な成分も含まれます。そこで汗腺は、血漿の成分を血管に戻して残りを汗として排出しているんです。

この汗腺の「濾過機能」がきちんと働いていれば、ほとんど水だけの「いい汗」をかきます。ところが、汗腺の機能が衰えていると、血漿の成分を血液に戻しきれていない「悪い汗」をかきます。

「悪い汗」は、水分以外にもさまざまなモノを含んだ「濃度の高い汗」です。重炭酸イオンや尿素などが含まれているため、「ニオう汗」となってしまうわけです。

暑い日に、クーラーの効いた涼しい部屋から急に戸外にでると、ドッーと大汗をかきます。その汗ってネバネバしていませんか。それは汗の濃度が高いということです。とくに、汗腺機能の低下している人や、汗をかく能動汗腺の少ない人は、ニオイのする汗をかきやすくなります。

トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当