So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

ワキガ予防に使えるデオドラントジェル「海露(UMITSUYU)」
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

秋こそ体臭が気になる [体臭対策や製品]

■ 秋こそ体臭が気になる


やたらと台風に見舞われた今年。暑かった夏もいつの間にか終了し、秋の風が吹いてきてます。
汗まみれな日々から解放されて、「今年も体臭問題の季節が終わったかなぁ」と解放に浸って喜んでいる方も多いと思います。

でも残念ながら、ちょっと涼しい、今からの時期こそ、体臭問題に気を遣わなければいけません。あまり知られていないのですが、そうなのです。

体臭についての問題は、大きく分けて3つに分類されます。

1 汗やわきが、加齢臭によるもの
2 洗濯の生乾きによる悪臭
3 思い込みによるもの


「3の、思い込みってなに?」

実は、体臭についての問題が問題なのは、本人の思い込みによるものが多いことです・・・と語る医師がいます。自分で自分を臭いと思い込む精神的な要因のほうが、他人から指摘されるよりもずっと多いとか。現代病と言ってもいいでしょう。ここでも、よく「加齢臭」を取り上げますが、本当の加齢臭は50代からの話。30代で加齢臭が出ることなんてほとんどありません。ただし、「わきが」は病気なので病院に行くほかないとか。

この理窟からの消去法でいえば、自分で対処できるのは汗と生乾きによる異臭に限るようです。


・くさい体臭のメカニズムとは?


そのそも鼻をつく体臭はなぜ生まれるのでしょうか。加齢臭のメカニズムとは別に、基本的な体臭のメカニズムを理解しておかないと、体臭問題はなかなか解決しないし勘違いが止まりません。体臭の元となるのは雑菌の繁殖です。

 汗をかく
  ↓
 皮膚や服が濡れる
  ↓
 雑菌が繁殖
  ↓
 匂いを放つ


これからわかるとおり最も重要となるのは、最初に汗を拭いてしまうことです。そうは言っても、問題は雑菌が繁殖する際の条件です。高温で汗が乾いてしまえば、雑菌の繁殖は抑えられます。でも中途半端に乾ききらないと雑菌が繁殖しやすくなって悪臭を放つようになるのです。

ということで、秋の話しに戻ります。秋口はちょっと動けば汗をかくという気候条件です。なので、夏と違って服を濡らした汗が乾きにくくもあります。こちらが思っているよりも、夏場よりも雑菌が繁殖しやすいケースが揃っているのです。

汗だけでなく、洗濯物の生乾きにも同じことが言えます。

洗濯物の生乾き臭というのは、乾燥がうまくいかずに、雑菌が繁殖して悪臭を放ちます。夏場よりも乾きにくい秋口は、生乾き臭が発生しやすい季節だといえるのです。

正しい洗濯方法はシンプルで、洗って風通しのよい場所で日に当てて乾かすだけ、なのですが、日夜仕事に飲みにと忙しい会社員にとってはこれはなかなか難しい面があります。昨今のように雨が続けば、部屋干しせざるを得ないので、生乾きの連鎖に陥ることもあります。

そこで以下の方法をつかって、洗濯物のニオイから開放されてください。




① 洗濯機の中に洗濯物を入れっぱなしにしない

 汗で濡れた衣服が洗濯機の中に入れっぱなしのままでは、濡れていない衣服まで湿ってしまい雑菌の繁殖が進みます。するといくら洗濯しても最初から生乾きの匂いがしてしまうのです。すぐに洗わないなら、一度乾かしてから洗濯するのがいいでしょう。

② バスタオルは乾かしてから洗う

 上記①と同様です。すぐに洗わないバスタオルは乾かしてから洗濯します。

③ 部屋干し洗剤や芳香剤を使う

 部屋干し用の洗剤には最近、殺菌成分を含んだモノが発売されています。部屋干しが多くなる場合は、こうした専用の洗剤や、生乾き臭を抑える成分の入った柔軟剤などを使うのがいいでしょう。



「どうせ洗うから」と汗で濡れた洗濯物を一緒にしないことです。最も効果的なのは洗濯機の中に洗濯物を放置しないこと。そして、濡れた衣服やタオルは乾かしてから洗うということです。二度手間のようですが、効果的なニオイ対策になるはずです。




共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当