So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

ワキガ予防に使えるデオドラントジェル「海露(UMITSUYU)」
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

梅干で体臭から離脱 [体臭の消し方]

■ 梅干で体臭から離脱


運動で汗を流すとか、お風呂でしっかり身体を洗うとか、満足いくまでの睡眠で身体を休めるとか。
こうして体臭対策をみると、健康対策をほぼ同じことが必要だとよくわかります。

もちろん食べることも大切です。肉の食べすたりニンニクを食した翌日の体臭は、自分でも気になるほど臭くなってますからね。口から体内に入ったものは、身体から出る匂いを左右するのは当然です。

体臭を抑えるには、動物性のたんぱく質や脂肪を控えとともに、食を野菜中心に切り替えることで、体内をアルカリ性傾向に保つことが大切です。

アルカリ性といえば「酢」「梅干」ですね。
具体的には、どのようなものを食べればいいのでしょうか。

アルカリ性の食物として代表的な二つですが。酢の中で特に良いのが黒酢だとされてます。摂取量としては、1日あたり大さじ1杯。それだけの黒酢を摂取するだけでも、体臭予防としての効果があるそうです。

では何故、酢に体臭予防の効果があるかというと、酢に含まれているクエン酸がポイントです。体臭が酷くなる大きな理由に、身体が酸性になることと乳酸が溜まることが上げられます。クエン酸は、乳酸を水と炭酸ガスに分解するので、体臭の予防になるのです。


そして梅干にもクエンさんがたくさん含まれています。「梅干し」は、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムなどのが豊富に含むアルカリ性食品です。例えば、牛肉100グラムの酸性度を中和するのには、1グラムを食べればよいと言われているようです。

梅干の重さは、もっとも小さい「カリカリ小梅」でさえ10グラム程度はあります。ご贈答用の大きな高級梅干は30グラムに届きます。どんな梅干でも、たったの1個で牛肉700グラム相当以上の酸性分を中和するとすれば、かなり効率の良い食べ物だといえますね。それほどまでに、梅干梅干しの効果は強力ということです。

また梅干の体臭効果はそれだけではありません。汗のニオイを軽減する効果もあるのです。

前述したように、体の中に疲労物質(乳酸)がたまると、汗にアンモニアが増加してニオイが強くなります。梅干(クエン酸)にはこの乳酸を水と炭酸ガスに分解して体の外に出す作用があるのですが、

梅干はカルシウムの腸管からの吸収を著しく増加させる効果もあります。骨の元になるカルシウムですが、良い汗をかく時にも必要な成分なのです。一般体臭と汗のニオイの軽減ができる、梅干しの万能振りがうかがえますね。

さらには、口臭予防にもなります。梅干を食べると、唾液がたくさん出ます。これは、梅干の中にある有機酸と呼ばれる物質の殺菌作用により、唾液と共同して、口臭の原因となる雑菌の繁殖を抑ええいるのです。

口臭の予防効果もあるとは、至れり尽くせりな食べ物ということがいえますね。



タグ:梅干 体臭

共通テーマ:健康

悪い体臭と良い体臭 [ニオイの原因]

■ 悪い体臭と良い体臭


汗の季節です。

体臭に悩んでいる男性は多いと思いますけど、特に汗をかいて気になるのが脇下のニオイです。「腋臭」などという病気めいた症状もあるくらい、脇は臭くなります。ではなぜ脇の下は臭うのでしょうか?

それは、脇の下には汗腺が集中してるのが原因です。


汗腺には2種類あります。
普通の汗を出すエクリン腺(小汗腺)と性的フェロモンを出すアポクリン腺(大汗腺)の2つです。アポクリン腺のほうは、脇の下だけでなく、耳の中や乳輪、陰部にも集中しています。

アポクリン腺は東洋人よりも欧米人に発達しています。東洋人には少ないといわれてますが、個人差も大きいといわれます。体臭の発生源になりやすいのが、このアポクリン腺なのです。


・「良い体臭」と「悪い体臭」

ニオイの元凶であるアポクリン腺ですが、必ずしも悪いものではありません。そもそも体臭には「良い体臭」と「悪い体臭」があります。アポクリン腺は性腺ともいわれます。もともと、異性を引き寄せる「良いニオイ」に入るのです。

アポクリン腺の分泌物そのものはそれほど嫌なニオイではありません。むしろ性刺激をする作用があるとされています。香水のような良いニオイとは異なるのですが、本能の奥底に響く意味で「良い体臭」とされているのです。

「良い体臭」といえばその代表はフェロモン。外分泌生理活性物質ともいわれ、ホルモン同様に様々な生理活性を引き起こします。昆虫や動物はフェロモンを使って個体間のコミュニケーションを行うほど生物に密着したニオイです。

代表的なものに、異性同士を引き寄せる「性フェロモン」、集団形成を促す「集合フェロモン」、外敵を遠ざける「忌避フェロモン」があります。

性フェロモンで特に有名なのは、ジャコウネコが発するフェロモン「シベトン」。無加工では排泄物のようなニオイなんですが、薄くして香水にブレンドすると、魅惑的で奥深い高級香水ができます。人間にもフェロモンがあり、アポクリン腺の分泌液は、ジャコウネコにおけるシベトンに対応するものと考えらえています。

アポクリン腺の臭いが敵視されるのは臭いが変質してしまうから。
分泌物がエクリン腺からの汗や、皮脂腺から分泌された皮脂と混合されて、皮膚の常在菌によって分解されると「悪い体臭」へと変化してしまうのです。


■ ニオイを感じるメカニズムとは?


いい匂い・悪い匂いがあるというのですが、そのニオイというものはどのように感じるか知っているでしょうか

「人間には、鼻が二つあるんです」

こんなことを言ったら驚く人も多いと思いますが、ある意味で本当です。鼻に入ったニオイ原因物質は鼻腔の粘膜でキャッチされるんですが、鼻の中には鋤鼻(ジョビ)器官といわれる「第二の鼻(ヤコブソン器官)」があるのが解っています。

フェロモンなどは、鼻腔・鋤鼻の両方の器官にキャッチされます。両方の器官から出たシグナルは、嗅球、副嗅球を経て大脳辺縁系という古い皮質に伝達され、そのあと視床下部、下垂体を経て大脳新皮質に伝えらえます。

大脳辺縁系は爬虫類の脳とも呼ばれる生物の根本的な行動を司ります。食欲や性欲などの本能に基づく行動や、喜怒哀楽などの情緒行動を支配し、自律神経系にも大きな影響を与えているのです。

ニオイというのは、食欲や性欲などの本能など大きな影響を振るいますが、いろいろな情緒にダイレクトに影響するのは、原始の脳に影響を与えているのが原因なんです。ゆえに、好き・嫌いの匂いは、見た目以上にその人のイメージを左右します。いったん臭くて嫌われてしまうと、挽回が難しくなるのもこのせいかもしれません。



共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当