So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

体臭にめかぶが良いわけとは? [体臭対策や製品]

■ 体臭にめかぶ?


めかぶのネバネバが体臭を抑えるという説があります。
これは本当のことでしょうか?

現代日本人は体臭に敏感。それを受けて、様々な消臭剤が出回っています。
一過性の安価な製品から、効果の疑わしい高額サプリまで。

何を試しても良いと思うのですが、普段の食事で気になる体臭を抑えることができるとすれば、一石二鳥。めかぶに含まれる成分は、本当に効果があるのでしょうか。



■ 体臭の原因とフコイダンの効用

めかぶそのものが、健康に優しい食品。適量を食べることで、お腹の調子が整いそうです。さらに含まれている成分に「フコイダン」というのあります。これが実際に、体臭の臭いを消す効果があるようです。


フコイダンという成分には、匂いを包んで外まで排出してくれる働きがあります。

食べ物を消化管で分解すると、消化の匂いが発生します。このニオイは、通常、尿や便として排泄されたり、肝臓で分解してくれます。ところが、不摂生や食べ過ぎ、疲れなど、身体の調子を崩しているときには一部分解されずに、体内に匂いが残ることがあります。

このときにフコイダンを使うと、匂いを包んで外まで排出してくれるので、体臭や口臭を抑えることができるのです。医学的にも効果は認められているのです。


体臭にも種類があって、改善できるものと出来ないものがあります。
ワキガなどは、遺伝的体質的なものがあるので、改善は難しいですね。そんなときのめかぶです。身体の調子を整えるという意味でも、めかぶは予防効果があると思われます。

食べるときに注意して欲しいのは、めかぶの成分は熱に弱いこと。火を通してしまうとフコイダンの効果がなくなってしまうのです。逆に、納豆と一緒に食べることで便通も良くなるので、併用するのも効果的です。

ただし、摂りすぎには気をつけてください。

めかぶに限らず、海藻類は身体にいいとされています。でも、摂り過ぎた場合は弊害が起こることも考えられます。

フコイダンは水溶性の食物繊維なので、摂り過ぎてしまうと下痢や腹痛を起こす原因になります。味が濃いので、塩分やヨードの摂り過ぎにもなります。ついでですが、ヨードの過剰摂取は、甲状腺機能障害を起こすことがありますので、注意が必要です。

あくまでも、日頃からバランスの良い食事を心がけるのが大切ということです。


タグ:めかぶ 体臭

共通テーマ:健康

ジアセチルへの感受性は人によって差が大きい [体臭情報]

■ ジアセチルへの感受性は人によって差が大きい


体臭はある意味、日本の都市部の社会問題です。
デオドラントや化粧品を取り扱う企業はこぞって、人間からでるニオイの成分や成立ちを研究しています。
成果が上がれば、発表するわけですが、今回はマンダムです。


マンダムは、東北大学 文学研究科の教授との共同研究によって、調べました。

それによると、「ジアセチル(ミドル脂臭の原因成分)」に対する感度は、個人差が非常に大きいとか。このにおいを嗅いだとき、それに対する感度の良い(敏感な)群と悪い(鈍感な)群が存在することを見出したそうです。

この結果が示すことは、体臭にに対して温度差があることを統計的に解明したということでしょう。
つまり、自分から出た体臭は感じないために、無意識のうちに「スメハラ(スメルハラスメント)」をおしている人がいるということなのです。

ジアセチルだけでなく、「イソ吉草酸」に対しても判明してます。こちらは、男性よりも女性の方が嗅覚感度が高いことも明らかになったとか。イソ吉草酸は、汗や足のニオイの主成分。男のほうが汗クサイと感じられるのは、女性の感度が高かったせいということが、解明されたわけですね。


今回の知見からわかったこと

加齢臭成分である2-ノネナールは、一般的に「誰でも感知することができるニオイ」というのは確定しているようです。それにに対して、ミドル脂臭の原因成分ジアセチルは、「敏感な人と鈍感な人が存在するニオイ」であることがわかりました。

この結果から、ジアセチルに鈍感なミドル男性にミドル脂臭が発生した場合、周囲の感度の良い人が気づいても、自分では気がつきにくい可能性が高い。この、ニオイに対する感受性の差がスメルハラスメントの原因となる可能性が示唆されたわけです。




共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当