So-net無料ブログ作成
検索選択
体臭 消す 悩み 解消

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

朝のシャワーだけで足りない!脂の腐ったような体臭対策 [体臭の消し方]

■ 朝のシャワーだけで足りない!脂の腐ったような体臭対策


汗をかいた後や人と密着するときなど。こうしたときは、ついつい自分のニオイが気になってしまいます。

「自分の体臭は、絶対に臭くない!」

そう思っていても、何かしら汗のニオイはとめられないものです。きちんとニオイのケアをしているつもりでも、体のなかから漂う悪臭はどうにもならないのですから。

悪い体臭の原因には、いくつかの生活習慣が影響しています。
自分のパターンを振り返って。このシーズンの対策に役立ててください。


・いつもの習慣が危険?

体臭の原因には、皮膚の雑菌の繁殖をはじめ様々なものがあります。なかでも大きな原因となるのが活性酸素。体内に酸化した脂肪分を増やしてしまい、脂の腐ったようなイヤなニオイを発生させることがあるんです。

 「入浴はしている」とか「デオドラントは完璧」とか言ってもクサイ人は臭いもの。

表面的なケアではどうにもならないほど体臭が気になるなら、原因は活性酸素だったのかもしれません。そこで、活性酸素が増やしてしまう3つの悪習慣についてお話します。


1 ストレス

普通に生活しているだけでも活性酸素は発生します。呼吸する、紫外線を浴びる、排気ガスを吸うなど、生きていれば当然おこることで活性酸素を発生させているのです。でも、こんなことよりさらに強い影響力を持つのがストレスです。ストレスを感じると、それに対抗する『副腎皮質ホルモン』が分泌されます。この分泌と分解の過程で発生するのが活性酸素です。ストレスは体臭にとって害なのです。

ただし、あまりに体臭を気にしすぎることで、悪循環に陥ることもあります。ガチガチに嫌うのでなく、ストレスを上手に解消するとともに、ニオイのこともあまり気にしすぎないのも大切です。


2 肉類、脂質のとり過ぎ

肉類は脂ですが、マヨネーズやバターなども脂質です。こうした食べ物は酸性であるので、活性酸素を作る要因になります。肉や脂質の摂取で活性酸素が発生すると、皮脂腺に脂肪分(過酸化脂肪質)が増えます。そうすると、脂臭く青臭いニオイの成分である「ノネナール」の量が多くなって体臭が発生しやすくなるのです。肉類を食べないわけにはいかないので、せめて一緒に、活性酸素を減らすビタミンCやEを野菜や果物から充分にとるのも良いでしょう。ビタミンCとEはお互いの劣化を防ぎ合う効果があります。一度に両方をとるとより効果的です


3 朝のシャワーだけですませる

ゆっくり入浴することは、血液循環がよくして体内での抗酸化物質が産出されます。この抗酸化物質は、たまっていた活性酸素を処理していくのです。シャワーだけでは活性酸素は減少しません。さらに言うと、夜のお風呂であれば、活性酸素を増やさいので寝ている間に処理できます。しかし朝のお風呂では活性酸素を処理する間がありません。すぐにも活動を始めてしまうので、体臭の軽減には繋がらないのです。

人前に出る直前に体を洗ったほうが効率的。そう考えるのも分かります。朝のシャワーだけですます習慣ができてしまうと、体臭が処理できない連鎖が生まれます。朝シャワーは逆効果なんですね。

また、当然ですが入浴でも汗をかきます。もともとの汗にはニオイはありませんが、ふだん汗をかかない生活をしていると本来の働きを忘れた汗腺に老廃物や角質がたまりやすくなってます。それが、汗をかいたときにこれら不純物が一緒に出てしまいます。そうして皮膚の表面がアルカリ性の環境となり、皮膚常在菌が繁殖しやすくなり、汗も臭うようになります。

解決策としては、夜に湯船に浸かること。朝にシャワーを浴びるにしても、夜に入っておかないと逆効果になります。



いかがでしょうか?
こうした、ダメな習慣に心当たりのあるでしょうか。思い当たることがあるなら、生活スタイルを振り返って、体のなかから活性酸素を減らしてみましょう


共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当