So-net無料ブログ作成
体臭 消す 悩み 解消

GRAV deodorant
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?

お風呂と、臭い代謝物との関係 [体臭の消し方]

お風呂は、身体の汚れを取るものですが、落とす汚れのは肌の表面ばかりではありません。もう少し、奥の汚れも取れます。同時に臭いの原因も取り去るので、嫌な体臭を軽減したり消すことにつながります。

ただし、体臭を軽減するなら、寝る前にゆっくりと入浴するのが条件です。この場合の「ゆっくり」とは、時間的な長さではなく、気分的なくつろぎのこと。

お風呂には、疲れをとる効果があります。
気分的なリラックスの意味もありますが、肉体的にもかなり取り去れるのです。

人間は、活発に活動するほど、体内に「乳酸」が溜まっていきます。乳酸は疲れの結果ですが同時に臭いの元にもなっています。乳酸が体に増加すると、汗の成分であるアンモニアも増加します。しかし、ゆったりとお風呂に入ると、血液の循環がよくなるので、乳酸は著しく減少します。

乳酸は「血液の循環がよくなると減少する」という特徴を持ちます。お風呂のあと、血行が充実している状態で睡眠をとれれば、夜中にも乳酸を減らすことができます。これは「乳酸減少期」と呼ばれています。

お風呂に入って眠って乳酸が減り、寝ている間にも乳酸を減少する。乳酸は疲れや体臭の元でした。この2つの効果で、広間の体臭を減らすことができるわけです。


そういうことで。
お風呂の入り方は、「ゆっくり」が原則です。


朝シャンや朝風呂がもてはやされています。それを否定するものではありませんが、朝に、あわただしく入浴しても、乳酸を減少させる効果はありません。朝風呂で、一日の活動がそのまま開始されると、「乳酸減少期」がとれません。汗の中のアンモンニア濃度が減少する期間が少なくなるので、体臭が強いままで一日を過ごしてしまいます。

また、朝風呂では、入浴後に汗が十分蒸発しないままに、すぐ服を着てしまいます。深部体温が下がることができないので、汗をかきやすい状態がずっと続きます。これも体臭の原因ともなります。

朝風呂にも良い点はあります。
とりあえず、寝汗などの汗くささは減りますから。

でもそれは、あくまで一時的なものです。体の中からの体臭を減らすなら、朝風呂だけではいけません。夜、寝る前にも入浴すべきです。

タグ:お風呂 臭い

共通テーマ:健康

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。