So-net無料ブログ作成
体臭 消す 悩み 解消

GRAV deodorant
★ 人気の体臭コンテンツ 5つ ★

1 「うんこくさい」臭いの原因と解決!
2 犬臭い原因
3 身体が鉄臭い、その理由は?
4 油くさい体臭のワケ
断食が体臭に与えるメリットとデメリット
☆ 体臭対策を解消するアジカとは?
前の2件 | -

犬臭い原因 [ニオイの種類]

■ 犬臭い


体臭もイロイロです。
一般的なところでは、汗っぽかったり、アンモニア臭がしたり、油臭かったり、というところでしょうか。

前にもお話したように、「鉄臭い」こともありますし、ウンコ臭いといったケースもあります。周りが困りますし、気づいているとしたらその本人が、一番大変でしょう。

今回は、「犬臭い」とか「獣のようなニオイがする」ニオイについてです。


犬臭い原因として、真っ先に考えられるのは、ペットのニオイが移った場合です。
外で飼っても、それなりに、ニオイが移ります。まして部屋の中で飼っているならば、部屋や衣類に、イヌのにおいが染みて付いていくものです。

この解決策は「清潔」の2文字につきます。しょっちゅうイヌの身体を洗ってあげ、定期的に、トリミングすることです。ゼロにはならないかもしれませんが、かなり、移るニオイが減ります。また、外出する洋服をしまってある部屋には、絶対に近づけないように躾けることも大切です。


イヌを飼っていないにもかかわらず、体臭が犬臭い場合は、どこに原因があるのでしょうか?

あの「獣臭い」という独特のニオイは、身体を洗わないことが原因です。普通、自然界の動物はお風呂に入りません。つまり、お風呂が嫌いだったり、入るのが面倒な人は、段々と、ニオイが蓄積していって、獣っぽく変化していくようです。

あとは、「衣類」や「食生活」が原因となる場合もあります。


天気が悪いと、洗濯した衣類は、部屋干しになりますよね?

完全に乾けばいいのですが、なんとなく生渇きだったりすると、独得ニオイを放ちます。また、部屋で干す行為そのものも問題を孕んでいます。乾いていく過程で、部屋のニオイをも吸収してしまい、ニオイが染み付いていくのです。

1回着ただけで、衣類を捨てる人は、いないはずです。やがて、衣類そのものが生っぽいニオイになり、洗っても取れにくい状況になっていきのです。


食生活から見た場合では、肉が多い食事を繰り返しいると、相対的に、身体のニオイが獣じみてきます。

その人を形成するのは、食べたものだけです。そこで、野菜の多い食事を心がけると、油っぽいような、なま臭いような「犬臭さ」が、ウソのように無くなっていきます。


タグ:体臭 犬臭い

共通テーマ:健康

疲労臭ってどんなニオイ? 原因がかわれば予防ができる [ニオイの種類]

疲労臭って、言葉があります。
文字が指している通り、疲れによる体臭をいいます。

人は、疲れが溜まってくると身体の代謝がうまく働かなくなりますが、ニオイの排出機能も鈍ってきます。そうしてクサイ臭いがでてくるのです。具体的には次のとおりです。

身体が疲れてくると、汗の中にアンモニアが出てきます。アンモニアは皮膚表面からガスとしても出ます。疲労臭とは、ずばりアンモニアのニオイというわけです。


ではなぜ、疲れがたまるとアンモニアが汗や出てくるのでしょう?


アンモニアそのものは、人間の体内で作られます。食事から摂ったタンパク質を分解するときや腸内細菌などによって、体内で発生するのです。体にとって有害ですし、疲労のもとになってます。

通常、発生したアンモニアは、肝臓に集められて尿素になり、体外へと排出されます。健康な状態であれば、体内のアンモニア量は低く保たれています。肝臓内でアンモニアを尿素に分解する代謝回路を、「オルニチンサイクル」と呼ばれてます。

疲れやストレスが溜まると、肝臓も疲れるので、肝機能が追いつかなくなります。オルニチンサイクルの働きがも鈍るので、アンモニアを尿素に解毒できなくなります。血液中のアンモニア量が増えていくので、皮膚から出るアンモニアが多くなります。それが疲労臭となっているのです。

肝臓機能の低下するのは、疲れやストレスよる免疫力の低下の他にも、アルコールの摂りすぎもあります。肉類などのタンパク質の摂りすぎや、便秘などによる腸内環境の悪化、過度な運動による筋肉疲労の蓄積なども原因となります。

あまり知られていないのですが、汗をかかないことも疲労臭の原因になります。冷房や冷たい飲み物などを飲んでいると、とりあえず身体の熱が抑えられるので、汗をかく必要がなくなります。汗をかかなくなると汗腺の機能が低下します。汗が出るとき、汗腺から血液中にアンモニアの成分戻るようになっています。

汗をかかないと、血中に戻らなくないので、それが臭いとなってしまうのです。


■ ではどうすればいいの?

疲労臭になる原因をお話してきましたが、では、ニオイが出ないようにするには、どうすればいいでしょうか?
結論からいえば、逆のことをやればいいのです。

つまり。。。


 疲労をためない。
 ストレスをためない。
 アルコールを飲み過ぎない。
 肉やたんぱく質を摂り過ぎない。
 過度な運動はしない。
 汗をかく。


疲労臭を予防するには、汗腺を鍛えることが必要です。過度な運動はいけませんが、適度に身体を動かすのが大雪です。それができなければ、せめてお風呂にしっかり入ること。

手っ取り早く汗腺を鍛えるには、有効な手段です。



共通テーマ:健康
前の2件 | -

どんな体臭でも、本人が気づかないケースは多いのです。原因はさまざまで、年齢や疲れなどで急にキツクなることもあります。臭いは個人で違いますし、同じ人であっても変化していきます。加齢臭はロウソクの臭いに例えられることが多いですね。ほかにも、ケチャップ ココナッツ臭 香ばしい キャベツ カビ臭い 枝豆臭い ウインナー イカ臭いヘドロ わたあめ 甘い。マスクをしてもニオイが通ることがあるので、自分の臭いにやばいと思ったら、早めの対策を。

加齢臭は体臭とはちょっと違います。年齢と別に、さまざまなニオイが身体から発生するのが体臭で、ある年齢(30代)から特別な臭いが出るのが加齢臭です。年令臭ともいいます。ほかにも、仕事の疲れが原因の疲労臭とか、高齢者特有の老人臭というものもあります。頭頂部や耳の後ろ、脇(ワキガ)、股間、胸、背中、足など、身体の至るところから臭いは発生します。解消方法、せめて改善の対策をお伝えできれば幸いです。

失業給付の基本手当